電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-15 10:40
アシュアランスケースツールへのプログラミング言語技術の適用
松野 裕山本修一郎名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) システム保証のための手法・ドキュメントとしてアシュアランスケースが注目を集めている。
アシュアランスケースのグラフィカルな表記法としてGSN(Goal Structuring Notation)などが
提案されており、いくつかのツールが開発されている。しかしGSNの定義は、曖昧なところが多く、
より高度なツールの機能の実装が困難である。本論文では、GSNの標準的な定義であるGSN Community Standard
の基本的な形式化を試み、それを元にしたモジュール機能などのツール拡張機能の試験実装を報告する。 
(英) GSN (Goal Structuring Notation) is a graphical notation widely used to construct, which are required for the system assurance of safety critical systems specially in Europe, and now worldwide as the importance of system assurance has been growing and several safety standard such as ISO 26262 mandates the use of safety case (assurance case for system safety).
The syntax and extensions for module and patterns have been defined in GSN Community Standard. In this paper we report our preliminary implementation partly satisfying the syntax in GSN community standard. The prototype implementation has been done on \textit{D-Case Editor}, an Eclipse based assurance case editor. The prototype implementation is also available from the webpage. Among syntax defined in the standard, we have implemented ``away goal" and ``module node" as the basis for the module system, together with parameters with scope and pattern instantiation function which are extensions of our previous work. Due to some ambiguity in GSN community standard, several design choices could exist.
In this paper we report our design choice for the prototype implementation.
キーワード (和) システム保証 / ディペンダビリティ / アシュアランスケース / アシュアランスケースツール / GSN(Goal Structuring Notation) / / /  
(英) System Assurance / Dependability / Assurance Case / Assurance Case Tool / GSN(Goal Structuring Notation) / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 496, KBSE2012-81, pp. 73-78, 2013年3月.
資料番号 KBSE2012-81 
発行日 2013-03-07 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2013-03-14 - 2013-03-15 
開催地(和) 芝浦工業大学 
開催地(英) Shibaura Institute of Technology 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General session 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2013-03-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アシュアランスケースツールへのプログラミング言語技術の適用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Applying Techniques of Programming Languages to Assurance Case Tool 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) システム保証 / System Assurance  
キーワード(2)(和/英) ディペンダビリティ / Dependability  
キーワード(3)(和/英) アシュアランスケース / Assurance Case  
キーワード(4)(和/英) アシュアランスケースツール / Assurance Case Tool  
キーワード(5)(和/英) GSN(Goal Structuring Notation) / GSN(Goal Structuring Notation)  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松野 裕 / Yutaka Matsuno / マツノ ユタカ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 修一郎 / Shuichiro Yamamoto / ヤマモト シュウイチロウ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-15 10:40:00 
発表時間 35 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2012-81 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.496 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2013-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会