電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 11:20
(k,n)しきい値法における多数決を用いた不正検出方式とその性能評価
島崎憲明古賀弘樹筑波大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 秘密分散法のひとつである$(k,n)$しきい値法では,高々$k-1$次の生成多項式
を用いることで秘密を$n$個のシェアに分散させ参加者に配布し,そのうち任意
の$k$個のシェアが集まれば秘密を復元することができる.
しかし,$k$個の中に不正者によって改ざんされたシェアが存在してしまう場合は正しい復元に失敗してしまう.
この問題の解決策として本稿では不正者の存在下でも正しい復元が行える手法として,Harn-Linが提案した手法の改善策を提案する.
提案手法では$n$個から$k$個を選ぶすべての組み合わせを考え,そこから秘密だけでなく生成多項式の全ての係数についても復元を行い,その結果に対して多数決を適用させることで正しい復元結果を決定する.
このとき正しい復元が行える参加者と不正者の人数に関する条件の考察を行い,さらに復元に失敗してしまう場合について確率的な評価を行う. 
(英) The $(k,n)$-threshold scheme is a kind of secret sharing scheme.
In this scheme,a secret is encoded to $n$ shares and distributed to n participants by a dealer.
If any $k$ participants gather, they will be able to reconstruct the original secret correctly from their $k$ shares.
Shamir's scheme is one of the most fundamental $(k,n)$-threshold schemes using a random polynomial of degree at most $k-1$.
However, Shamir's scheme always fails to reconstruct the secret in the reconstruction phase if some of $k$ participants are not honest.
In order to raise reliability of Shamir's scheme, we propose an improved version of the reconstruction scheme proposed by Harn and Lin.
In this scheme, the majority rule is introduced into the reconstruction phase,where we compute all the coefficients obtained from every combination of $k$ shares.
We obtain a sufficient condition on the number of dishonest participants under which the secret is correctly reconstructed with probability 1.
In addition, we evaluate the probability such that the proposed scheme fails to reconstruct the secret in certain cases.
キーワード (和) 秘密分散法 / (k,n)しきい値法 / 不正者 / 多数決 / / / /  
(英) secret sharing scheme / (k,n)-threshold scheme / cheaters / the majority rule / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 460, IT2012-91, pp. 181-188, 2013年3月.
資料番号 IT2012-91 
発行日 2013-02-28 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 
開催地(英) Kwansei Gakuin Univ., Osaka-Umeda Campus 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2013-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) (k,n)しきい値法における多数決を用いた不正検出方式とその性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluations of Cheating-Detection Capability in the (k,n)-Threshold Scheme Based on the Majority Rule 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 秘密分散法 / secret sharing scheme  
キーワード(2)(和/英) (k,n)しきい値法 / (k,n)-threshold scheme  
キーワード(3)(和/英) 不正者 / cheaters  
キーワード(4)(和/英) 多数決 / the majority rule  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 島崎 憲明 / Noriaki Shimazaki / シマザキ ノリアキ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古賀 弘樹 / Hiroki Koga / コガ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2012-91,IEICE-ISEC2012-109,IEICE-WBS2012-77 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.460(IT), no.461(ISEC), no.462(WBS) 
ページ範囲 pp.181-188 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-IT-2013-02-28,IEICE-ISEC-2013-02-28,IEICE-WBS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会