電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 11:20
変形擬3進M系列を用いるDLLのジッタ解析
山形正哉羽渕裕真茨城大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では、陪直交変調方式の問題点である受信信号の同期追跡に着目している。本同期追跡法では、{0, 1}-M系列にアダマール符号のパルスパターンを適用することで得られる変形擬3 進M系列と、それに対応する{−1, 1}-M系列を対で利用することで、従来の内部同期方式よりも簡易な同期システムを実現している。これまでに著者らは、本同期追跡法の誤り率特性について理論解析を行っているが、ジッタ特性の厳密な値は導かれていない。そこで本稿では、変形擬3 進M 系列を用いる陪直交変調方式において、同期システムとして2 乗検波器及び遅延ロックループ(Delay Lock Loop; DLL) を用いた場合の同期誤差のジッタ特性を理論解析している。 
(英) In this paper, the proposed tracking method for bi-orthogonal modulation system is used for the internal synchronization system that uses square-low detector. In the proposed system, a pair of pseudo-noise(PN) sequences with consists of the modified pseudo-ternary M-sequence and {−1, 1}-valued M -sequence is used. The modified pseudo-ternary M-sequence is a PN code which combines the {0, 1}-valued M-sequence with the Hadamard code. The tracking error (jitter) performance is evaluated by theoretical analysis.
キーワード (和) M系列 / 変形擬3進M系列 / 遅延ロックループ / 陪直交変調方式 / ジッタ / / /  
(英) M-sequence / Modified pseudo-ternary M-sequence / Delay lock loop / Bi-orthogonal modulation system / Jitter / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 462, WBS2012-85, pp. 235-239, 2013年3月.
資料番号 WBS2012-85 
発行日 2013-02-28 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 
開催地(英) Kwansei Gakuin Univ., Osaka-Umeda Campus 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2013-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 変形擬3進M系列を用いるDLLのジッタ解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Theoretical analysis of tracking error on DLL with modified pseudo ternary M-sequence pair 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) M系列 / M-sequence  
キーワード(2)(和/英) 変形擬3進M系列 / Modified pseudo-ternary M-sequence  
キーワード(3)(和/英) 遅延ロックループ / Delay lock loop  
キーワード(4)(和/英) 陪直交変調方式 / Bi-orthogonal modulation system  
キーワード(5)(和/英) ジッタ / Jitter  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山形 正哉 / Masaya Yamagata / ヤマガタ マサヤ
第1著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽渕 裕真 / Hiromasa Habuchi / ハブチ ヒロマサ
第2著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-IT2012-99,IEICE-ISEC2012-117,IEICE-WBS2012-85 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.460(IT), no.461(ISEC), no.462(WBS) 
ページ範囲 pp.235-239 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IT-2013-02-28,IEICE-ISEC-2013-02-28,IEICE-WBS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会