電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 11:45
量子鍵配送と量子中継のレート理論の根源的欠陥について
広田 修玉川大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Shor-Preskillの理論を起点とする量子鍵配送の理論は、情報理論的安全性を定量的に評価する理論体系になっておらず、鍵生成レートの定式化に多くの誤りがあることが指摘されてからも、まだ多くの研究者に理解が十分浸透していない。新しい可能性のある研究に移行するためには、いち早くその事実を浸透させ、正確に科学史に残すことが重要である。本稿は、Shor-Preskillから最新のRennerに至る理論体系は既存の暗号より優れた安全性を有する暗号の設計理論になり得ないことをこれまでの説明を踏襲しながら、新しい説明法の導入によって示す。その結果、現在、NICTや東芝欧州研究所を含む世界の多くの研究機関で開発されている量子鍵配送システムは安全性の理論的根拠をすでに失っていることが明白になる。すなわち、どのように実験システムを改善しても、実用に供することができる暗号システムを実現できない事が明らかになる。また、それに付随した量子中継は意義を失う。 
(英) It has been pointed out many times by several researchers that the security theory of quantum key distribution(QKD) originated by Shor-Preskill has a serious defect.Despite a leader on theoretical works for QKD has responded to the criticism,many communities of QKD do not take the fact into account.In order to show a new way of quantum information science(QIS), we clarify the cause of defect in theory and make a new historical page in the development of QIS.This paper presents as a main topics that a final theory for QKD from Shor-Preskill to Renner cannot provide a design theory on beyond the conventional crypto-system, taking the previous our explanation into account.Consequently, whole experimental systems in the world including NICT and Toshiba UK lose the theoretical background for the security.In addition, quantum repeater for QKD becomes meaningless.
キーワード (和) 量子鍵配送 / 量子中継 / 鍵配送レート / Shor-Preskill理論 / / / /  
(英) Quantum key distribution / Quantum repeater / Key generation rate / Shor-Preskill theory / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 460, IT2012-92, pp. 189-194, 2013年3月.
資料番号 IT2012-92 
発行日 2013-02-28 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 
開催地(英) Kwansei Gakuin Univ., Osaka-Umeda Campus 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2013-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 量子鍵配送と量子中継のレート理論の根源的欠陥について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On fundamental defect of rate theory of quantum key distribution and quantum repeater 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子鍵配送 / Quantum key distribution  
キーワード(2)(和/英) 量子中継 / Quantum repeater  
キーワード(3)(和/英) 鍵配送レート / Key generation rate  
キーワード(4)(和/英) Shor-Preskill理論 / Shor-Preskill theory  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 広田 修 / Osamu Hirota / ヒロタ オサム
第1著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagawa University (略称: Tamagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 11:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2012-92,IEICE-ISEC2012-110,IEICE-WBS2012-78 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.460(IT), no.461(ISEC), no.462(WBS) 
ページ範囲 pp.189-194 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2013-02-28,IEICE-ISEC-2013-02-28,IEICE-WBS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会