電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 11:15
線形予測誤差拡張による音響信号へのリバーシブル情報ハイディング
西村 明東京情報大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 可逆情報秘匿技術は秘匿したデータの検出と同時に、ホスト信号を完全に復
元できる技術である。本稿では、音響信号に対する線形予測誤差拡張に基づ
く可逆情報秘匿方式を改善し、その評価を音楽信号と音声信号に対して行っ
た。提案手法は、誤差拡張における拡張率に応じてペイロード量を可変させ、
音質劣化を制御することができる。また、ホスト信号をフレーム分割して埋
め込み処理を行い、任意のフレーム毎にペイロードの検出とホスト信号の復
元を可能にするための、補助データの埋め込みとフレーム同期の手法も含ん
でいる。ステゴ信号の客観音質評価とペイロード量を評価した結果、音楽信
号および音声信号ではホスト信号のデータレートの 1/40 程度のペイロード
を埋め込んでも、音質劣化は十分少ないことが分かった。 
(英) Reversible data hiding is a technique where hidden data are embedded
in host data such that the consistency of the host is perfectly
preserved and its data are restored during extraction of the hidden
data. In this paper, improvements are proposed for a linear
prediction technique for reversible data hiding of audio
waveforms. The proposed modified error-expansion method is able to
control the sound quality degradation of the stego signal by varying
the expansion factor and the payload size. Combining with embedding
auxiliary data and frame synchronization scheme, the proposed method
achieves perfect recovering and data extraction from arbitrary
selected frame of the stego signal. Evaluation using music pieces
and speech signals was examined in terms of sound quality
degradation of the stego signal and the amount of payload. The
results showed that embedding payload at 1/40 of the data rate of
the host signal achieved quite small quality degradation of the
stego signal.
キーワード (和) 電子透かし / ステガノグラフィ / 改ざん検出 / 音楽メディア / セキュリティ / / /  
(英) digital watermarking / steganography / tamper detection / musical media / security / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 467, EMM2012-117, pp. 59-64, 2013年3月.
資料番号 EMM2012-117 
発行日 2013-02-28 (EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMM  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) ATR 
開催地(英)  
テーマ(和) 画質・音質評価,知覚・認知メトリクス,人間視聴覚システム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2013-03-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 線形予測誤差拡張による音響信号へのリバーシブル情報ハイディング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reversible data hiding using linear prediction and error-expansion for audio signals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電子透かし / digital watermarking  
キーワード(2)(和/英) ステガノグラフィ / steganography  
キーワード(3)(和/英) 改ざん検出 / tamper detection  
キーワード(4)(和/英) 音楽メディア / musical media  
キーワード(5)(和/英) セキュリティ / security  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 明 / Akira Nishimura / ニシムラ アキラ
第1著者 所属(和/英) 東京情報大学 (略称: 東京情報大)
Tokyo University of Information Sciences (略称: Tokyo Univ. of Information Sciences.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 11:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-EMM2012-117 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.467 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMM-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会