電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 11:20
Quadruple-Rail表現を利用した耐電力解析ソフトウェア実装
洲崎智保前川 晃峯松一彦岡村利彦NEC
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 電力解析とは,暗号化処理が行われる際にレジスタに保持するデータのハミング重みと消費電力との間に相関があることを利用し,暗号化鍵を推定する解析手法である.Hoogvorst らは,ハードウェア実装に対する対策法であるDual-Rail with Precharge logic (DPL) を,Dual-Rail データ表現を用いてソフトウェア実装に適用する方法を提案している.この方式は,プロセッサの論理演算命令を利用せず全ての処理をテーブル参照により実現するため,処理時間が大幅に増加するという問題がある.本稿では、Dual-Rail 表現データを拡張したQuadruple-Rail 表現データを用いることにより,テーブル参照を行うことなく排他的論理和演算を実現する方法を提案する.本方式は,Dual-rail表現を用いた場合よりも処理性能が改善することを実験により示す. 
(英) Power analysis is an attack against a crypto device that extracts the secret key by using the relation between the power consumption and the humming-weight of the register. Hoogvorst et al. proposed a software-based
protection method using the dual-rail data representation, which simulates a hardware-based protection called Dual-Rail with Precharge Logic (DPL). Since this method needs the lookup tables to implement all logical instructions, the performance is severely limited. In this paper, we propose a software-based protection using a quadruple-rail data representation. This method achieves a faster operation by implementing the exclusive-or instruction without using a lookup table.
キーワード (和) サイドチャネル攻撃 / ソフトウェア / Quadruple-Rail 表現 / ハミング重み / / / /  
(英) side-channel attack / software / Quadruple-Rail representation / hamming weight / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 461, ISEC2012-113, pp. 211-216, 2013年3月.
資料番号 ISEC2012-113 
発行日 2013-02-28 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 
開催地(英) Kwansei Gakuin Univ., Osaka-Umeda Campus 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2013-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Quadruple-Rail表現を利用した耐電力解析ソフトウェア実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Software Implementation Using Quadruple-Rail Representation Against Power Analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サイドチャネル攻撃 / side-channel attack  
キーワード(2)(和/英) ソフトウェア / software  
キーワード(3)(和/英) Quadruple-Rail 表現 / Quadruple-Rail representation  
キーワード(4)(和/英) ハミング重み / hamming weight  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 洲崎 智保 / Tomoyasu Suzaki / スザキ トモヤス
第1著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前川 晃 / Akira Maekawa / マエカワ アキラ
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 峯松 一彦 / Kazuhiko Minematsu / ミネマツ カズヒコ
第3著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡村 利彦 / Toshihiko Okamura / オカムラ トシヒコ
第4著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-IT2012-95,IEICE-ISEC2012-113,IEICE-WBS2012-81 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.460(IT), no.461(ISEC), no.462(WBS) 
ページ範囲 pp.211-216 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2013-02-28,IEICE-ISEC-2013-02-28,IEICE-WBS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会