電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 14:45
検索可能暗号における安全性定義の再考
田貝浩一四方順司横浜国大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 検索可能暗号(Public-Key Encryption with Keyword Search, PEKS) は暗号化されたデータに対し復号を行わずにキーワード検索機能を付与する暗号方式である.PEKSはBonehらが提案して以来,検索機能の拡張や構成法の提案など数多くの研究がなされてきた.著者らの知る限りにおいて,これまでPEKSの安全性定義としては非常に強いものが提案されているのみでそれより弱い安全性定義は提案されていない.一般的に弱い安全性を持った暗号方式はよりシンプルに構成することができるので,PEKSに対し複数の安全性を考えることは有用であると考えられる.そこで本論文ではPEKSにおける安全性定義を再考し,多くの公開鍵暗号方式と同様に,安全性の達成度や想定する攻撃者の能力の組み合わせによる複数の安全性定義を提案する.さらに,それらの関係性の解析も行う. 
(英) Public Key Encryption with Keyword Search (PEKS) is a cryptographic primitive imparting the keyword search function without decoding for encrypted data. PEKS was proposed by Boneh et al. in 2004, and many studies have been made for it so far. To the best of authors' knowledge, the only one of the strong security definition of PEKS was focused on, and weaker definitions have not been proposed. In general, cryptographic schemes with weak security can be constructed more simply, and it is useful to consider several security even for PEKS. In this paper, we revisit security definitions of PEKS. Specifically, we propose several security definitions of PEKS by combining several attacking models and security goals, which is the traditional approach to define security in the public-key encryption and signatures. We also investigate relations between the security definitions.
キーワード (和) 検索可能暗号 / 一方向性 / 識別不可能性 / / / / /  
(英) public-key searchable encryption / one-wayness / indistinguishability / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 461, ISEC2012-122, pp. 263-270, 2013年3月.
資料番号 ISEC2012-122 
発行日 2013-02-28 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 
開催地(英) Kwansei Gakuin Univ., Osaka-Umeda Campus 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2013-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 検索可能暗号における安全性定義の再考 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Security Definitions for Public Key Encryption with Keyword Search Revisited 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 検索可能暗号 / public-key searchable encryption  
キーワード(2)(和/英) 一方向性 / one-wayness  
キーワード(3)(和/英) 識別不可能性 / indistinguishability  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田貝 浩一 / Hirokazu Tagai / タガイ ヒロカズ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 四方 順司 / Junji Shikata / シカタ ジュンジ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 14:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-IT2012-104,IEICE-ISEC2012-122,IEICE-WBS2012-90 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.460(IT), no.461(ISEC), no.462(WBS) 
ページ範囲 pp.263-270 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-IT-2013-02-28,IEICE-ISEC-2013-02-28,IEICE-WBS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会