電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 16:00
Efficient Strictly CCA-Secure Proxy Re-Encryption Scheme
Shota KannoKaoru KurosawaIbaraki Univ.)・Goichiro HanaokaTakahiro MatsudaAIST
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) プロキシが、アリス宛の暗号文$C$をボブ宛の暗号文$C'$に変換できるような暗号方式を、プロキシ再暗号化方式という。最近、花岡らは、(標準モデルにおいて)厳密な意味でCCA安全な一方向プロキシ再暗号化方式を初めて構成した。しかし、再暗号化後の暗号文のサイズが大きい。本論文では、ランダムオラクルモデルの下で、より効率的なプロキシ再暗号化方式を構成し、DBDHI仮定の下でその安全性を証明する。 
(英) In proxy re-encryption (PRE) schemes, the proxy re-encrypts a ciphertext $C$ for Alice into $C'$ which Bob can decrypt. Recently, Hanaoka et al. constructed the first strictly CCA-secure unidirectional PRE scheme (in the standard model). However, their scheme is inefficient because the transformed ciphertext is an encryption of many components. In this paper, we show a more efficient strictly CCA-secure unidirectional PRE scheme in the random oracle model, where the security is proved under the DBDHI assumption.
キーワード (和) プロキシ再暗号化 / CCA安全 / 効率性 / / / / /  
(英) proxy re-encryption / CCA-secure / efficient / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 461, ISEC2012-125, pp. 285-291, 2013年3月.
資料番号 ISEC2012-125 
発行日 2013-02-28 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 
開催地(英) Kwansei Gakuin Univ., Osaka-Umeda Campus 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2013-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Efficient Strictly CCA-Secure Proxy Re-Encryption Scheme 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プロキシ再暗号化 / proxy re-encryption  
キーワード(2)(和/英) CCA安全 / CCA-secure  
キーワード(3)(和/英) 効率性 / efficient  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅野 翔太 / Shota Kanno / カンノ ショウタ
第1著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒澤 馨 / Kaoru Kurosawa / クロサワ カオル
第2著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 花岡 悟一郎 / Goichiro Hanaoka / ハナオカ ゴイチロウ
第3著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
The National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 隆宏 / Takahiro Matsuda / マツダ タカヒロ
第4著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
The National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 16:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-IT2012-107,IEICE-ISEC2012-125,IEICE-WBS2012-93 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.460(IT), no.461(ISEC), no.462(WBS) 
ページ範囲 pp.285-291 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-IT-2013-02-28,IEICE-ISEC-2013-02-28,IEICE-WBS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会