電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-07 15:30
ランダム符号付きナップザック暗号
林 彬金沢工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Merkle-Hellmanのナップザック暗号は,秘密鍵に超増加列を使い,これに秘密の乗数と法と用いて公開鍵を生成する.この構成法の弱点をつく攻撃法にShamirの方法がある.本報告では,絶対値が超増加な正負の整数列を用いる.こうしてShamirの方法の適用を難しくする.この新しい方式についての鍵生成法,暗号化法,復号法について述べる.Lagarias-Odlyzkoの低密度攻撃に対しては別の対策が必要であり,本報告では述べない. 
(英) The knapsack cryptosystem invented by Merkle and Hellman is broken with high probability by Shamir's attack. A novel cryptosystem makes use of a randomly signed super-increasing sequence in the sense of absolute valeu. Owing to this random signs, Shami'r attack is not fully applicable. We describe the key generation method, algorithms of encryption and decryption of the system.
The present system is as weak as the MH system against the low density attack of Lagarias and Odlyzko. We wil not consider this problem in tis report.
キーワード (和) ナップザック暗号 / 公開鍵暗号 / Shairの攻撃 / / / / /  
(英) knapsack cryptosystem / public key cryptosystem / Shamir's attack / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 461, ISEC2012-101, pp. 139-141, 2013年3月.
資料番号 ISEC2012-101 
発行日 2013-02-28 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 
開催地(英) Kwansei Gakuin Univ., Osaka-Umeda Campus 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2013-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ランダム符号付きナップザック暗号 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A knapsack cryptosystem with a randomly signed key 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ナップザック暗号 / knapsack cryptosystem  
キーワード(2)(和/英) 公開鍵暗号 / public key cryptosystem  
キーワード(3)(和/英) Shairの攻撃 / Shamir's attack  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 彬 / Akira Hayashi / ハヤシ アキラ
第1著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: Kanazawa Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-07 15:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-IT2012-83,IEICE-ISEC2012-101,IEICE-WBS2012-69 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.460(IT), no.461(ISEC), no.462(WBS) 
ページ範囲 pp.139-141 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-IT-2013-02-28,IEICE-ISEC-2013-02-28,IEICE-WBS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会