電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-07 13:40
Lossless Data Compression via Substring Enumerationのマルコフ情報源に対する最悪冗長度
岩田賢一福井大)・有村光晴湘南工科大)・嶋 優希福井大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Dub\'{e}とBeaudoinはCompression via Substring Enumeration(CSE)と呼ばれるユニバーサル無歪みデータ圧縮法を2010年に提案した.本稿では,$k$次マルコフ情報源からの任意の個別系列に対してCSE符号化を行った場合の冗長度の上界について評価する.その結果,CSEの個別最悪冗長度とKraft不等式を満たす最適な固定長--可変長符号で達成可能な最悪冗長度の差は,符号化する系列長$n$に対して,高々$\log_2 n$程度であることを明らかにする. 
(英) Dub\'{e} and Beaudoin proposed a technique of lossless data compression called compression via substring enumeration (CSE) in 2010. This paper evaluates an upper bound of the amount of bits used by the CSE technique to encode any individual string from an unknown member of a known class of $k$-th order Markov processes. We compare the worst case maximum redundancy obtained by the CSE technique for any binary string with the least possible value of the worst case maximum redundancy obtained by the best fixed-to-variable length code satisfying the Kraft inequality. We clarify that the difference of the worst case maximum redundancies is at most $\log_2 n$+constant, where $n$ denotes the length of a binary string to be encoded.
キーワード (和) 無歪みデータ圧縮 / ユニバーサル情報源符号 / compression via substring enumeration / k次マルコフ情報源 / 最悪冗長度 / / /  
(英) lossless data compression / universal source coding / compression via substring enumeration / k-th order Markov sources / maximum redundancy / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 460, IT2012-76, pp. 95-100, 2013年3月.
資料番号 IT2012-76 
発行日 2013-02-28 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 
開催地(英) Kwansei Gakuin Univ., Osaka-Umeda Campus 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2013-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Lossless Data Compression via Substring Enumerationのマルコフ情報源に対する最悪冗長度 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Maximum Redundancy of Lossless Data Compression via Substring Enumeration for Markov Sources 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無歪みデータ圧縮 / lossless data compression  
キーワード(2)(和/英) ユニバーサル情報源符号 / universal source coding  
キーワード(3)(和/英) compression via substring enumeration / compression via substring enumeration  
キーワード(4)(和/英) k次マルコフ情報源 / k-th order Markov sources  
キーワード(5)(和/英) 最悪冗長度 / maximum redundancy  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 賢一 / Ken-ichi Iwata / イワタ ケンイチ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 有村 光晴 / Mitsuharu Arimura / アリムラ ミツハル
第2著者 所属(和/英) 湘南工科大学 (略称: 湘南工科大)
Shonan Institute of Technology (略称: Shonan Inst. Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 嶋 優希 / Yuki Shima / シマ ユウキ
第3著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-07 13:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2012-76,IEICE-ISEC2012-94,IEICE-WBS2012-62 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.460(IT), no.461(ISEC), no.462(WBS) 
ページ範囲 pp.95-100 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2013-02-28,IEICE-ISEC-2013-02-28,IEICE-WBS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会