電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-07 15:30
ハミング符号を用いたフローティング符号の性能に関する予想の検証
岡前直由藤原 融阪大)・楫 勇一奈良先端大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) フラッシュメモリ等, 情報保存の方法に制約のあるメモリに対する研究が活発に
行われている. フラッシュメモリでは, セルの電位レベルを制御することで情報
の記録を行う. 一般に, 電位レベルを上げる操作はセル単位で微細な制御が可能
であるが, 下げるためには大掛かりな電気的操作が必要となり, セル単位での制
御は不可能となる. そこで, これらのメモリ上の情報書換を効率化するためのア
プローチとして, フローティング符号と呼ばれる符号が提案されている. 本報告
では, 著者が以前提案した手法の性能に関する予想について, 考察および
検証実験を行い, 結果を示す. 
(英) Floating codes aim to store rewritable data in irreversible memories
like flash memories, whose value can only transit from the lower to the
higher unless a complex operation. Recently, we proposed a floating code
construction using so-called ``coset coding'' teqchnique with Hamming
code. And we showed that our construction using (7,4) Hamming Codes
guarantees much rewrites and achieves an upper bound, and we also
proposed a conjecture about the performance of our construction using
general Hamming Codes. In this report, we discuss and verify the
conjecture in some parameters.
キーワード (和) フローティング符号 / WOM 符号 / フラッシュメモリ / コセット符号化 / ハミング符号 / / /  
(英) Floating code / WOM code / Flash memory / Coset coding / Hamming code / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 460, IT2012-80, pp. 119-124, 2013年3月.
資料番号 IT2012-80 
発行日 2013-02-28 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 
開催地(英) Kwansei Gakuin Univ., Osaka-Umeda Campus 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2013-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ハミング符号を用いたフローティング符号の性能に関する予想の検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Verification of a Conjecture on Performance of Floating codes using Hamming Codes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フローティング符号 / Floating code  
キーワード(2)(和/英) WOM 符号 / WOM code  
キーワード(3)(和/英) フラッシュメモリ / Flash memory  
キーワード(4)(和/英) コセット符号化 / Coset coding  
キーワード(5)(和/英) ハミング符号 / Hamming code  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡前 直由 / Naoyoshi Okamae / オカマエ ナオヨシ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 融 / Toru Fujiwara / フジワラ トオル
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 楫 勇一 / Yuichi Kaji / カジ ユウイチ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-07 15:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2012-80,IEICE-ISEC2012-98,IEICE-WBS2012-66 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.460(IT), no.461(ISEC), no.462(WBS) 
ページ範囲 pp.119-124 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2013-02-28,IEICE-ISEC-2013-02-28,IEICE-WBS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会