電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-07 17:25
[招待講演]高速時変伝送路に有効な差動時空符号化に関する検討
久保博嗣立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告では,高速に変動する伝送路環境に有効な差動時空符号化に関して論じる.差動時空符号化は,時空符号化に差動符号化的な概念を適用し,伝送路変動に対する耐性を上げたり,受信側で伝送路特性が未知の場合にも動作 (ブラインド動作) 可能とする手法である.この差動時空符号は,multiple-input multiple-output (MIMO) 伝送の中の送信ダイバーシチ (TD) に分類され,差動時空ブロック符号 (DSTBC) と差動時空トレリス符号 (DSTTC) に大分できる.DSTBCとしては,変調信号の包絡線は一定でないが,復調処理が平易な非定包絡線変調 (NCM) 型のDSTBCが広く検討されている.一方,DSTTCとしては,差動送信遅延ダイバーシチ (DTDD) やper trasmit antenna differential mapping (PADM) 送信ダイバーシチが検討されている.更に,これら差動時空符号は,高次伝送路予測を適用することで,その追随特性を大幅に改善できるという特徴がある.本報告では,これらの手法をトレードオフすることで,それぞれの得失を明らかにする. 
(英) This paper discusses differential space-time coding for fast time-varying channels. Differential space-time coding, which is differential encoded version of for space-time coding, is a promising candidate of a remedy for fast time-varying channels and a blind demodulation technique for unknown channel environment at the receivers. This differential space-time coding is one of transmit diversity (TD) for multiple-input multiple-output (MIMO) technologies and is divided into differential space-time block coding (DSTBC) and differential space-time trellis coding (DSTTC). For DSTBC, non-constant modulus (NCM) scheme has been widely investigated in spite of its large peak to average power ratio (PAPR), because its hardawre complexity for demdulation is relatively small. For DSTTC, differntial transmit delay diversty (DTDD) and per trasmit antenna differential mapping (PADM) have been investigated. In addition high order channel prediction can improve tracking capability of differential space-time coding. This paper evaluates tradeoff between tracking capability and complexity with respect to DSTBC and DSTTC.
キーワード (和) MIMO / 差動時空符号化 / 最尤判定 / 判定帰還 / PSP / 高次伝送路予測 / 高速フェージング /  
(英) Multiple-Input Multiple-Output / Differential Space-Time Coding / Maximum-Likelihood Detection / Decision-Feedback / Per-Survivor Processing / High Order Channel Prediction / Fast Time-Varying Fading /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 462, WBS2012-75, pp. 169-174, 2013年3月.
資料番号 WBS2012-75 
発行日 2013-02-28 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 
開催地(英) Kwansei Gakuin Univ., Osaka-Umeda Campus 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2013-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高速時変伝送路に有効な差動時空符号化に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Space-Time Coding Technologies for Fast Time-Varying Channels 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO / Multiple-Input Multiple-Output  
キーワード(2)(和/英) 差動時空符号化 / Differential Space-Time Coding  
キーワード(3)(和/英) 最尤判定 / Maximum-Likelihood Detection  
キーワード(4)(和/英) 判定帰還 / Decision-Feedback  
キーワード(5)(和/英) PSP / Per-Survivor Processing  
キーワード(6)(和/英) 高次伝送路予測 / High Order Channel Prediction  
キーワード(7)(和/英) 高速フェージング / Fast Time-Varying Fading  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 博嗣 / Hiroshi Kubo / クボ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-07 17:25:00 
発表時間 50 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-IT2012-89,IEICE-ISEC2012-107,IEICE-WBS2012-75 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.460(IT), no.461(ISEC), no.462(WBS) 
ページ範囲 pp.169-174 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2013-02-28,IEICE-ISEC-2013-02-28,IEICE-WBS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会