電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-07 16:35
[招待講演]セキュリティ技術標準化の軌跡 〜 暗号からクラウド、M2Mのセキュリティまで 〜
宝木和夫産総研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 1977年頃、暗号から始まったセキュリティ標準化活動は、認証、セキュリティ評価基準、セキュリティマネジメントシステムなど数々の重要標準を生みだした。これらは、世の中でICTの利用が普及するとともにそのセキュリティ確保のために適用された。最近注目されるようになったクラウドコンピューティングやM2Mにおいては、これらの標準がさらに進化した形で適用される。特に、高機能暗号、機能安全・セキュリティ、生体計測を含めたID管理やプライバシー保護が重要になると考えられる。本稿では、これらの標準化動向を述べる。 
(英) In 1977, security standardization activities began with encryption algorithm, followed by development of a number of important standards in the technical area of authentication, security evaluation, information security management system and so on. They then contributed to a lot to maintain the practical security as ICT applications spread all over the world. The evolution will further go into the recent cloud computing and M2M, i.e., functional encryption, functional safety & security, ID management with biometrics and privacy, etc., are likely to be developed as important factors for security standard. This paper focuses on the trend of these standardizations.
キーワード (和) 暗号 / セキュリティ標準 / 認証 / クラウド / M2M / 機能安全 / ID管理 / プライバシー  
(英) encryption / security standard / authentication / cloud / M2M / functional safety / identity management / privacy  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 461, ISEC2012-106, pp. 167-167, 2013年3月.
資料番号 ISEC2012-106 
発行日 2013-02-28 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 
開催地(英) Kwansei Gakuin Univ., Osaka-Umeda Campus 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2013-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) セキュリティ技術標準化の軌跡 
サブタイトル(和) 暗号からクラウド、M2Mのセキュリティまで 
タイトル(英) Road of IT security standard 
サブタイトル(英) From cryptography to cloud and M2M security 
キーワード(1)(和/英) 暗号 / encryption  
キーワード(2)(和/英) セキュリティ標準 / security standard  
キーワード(3)(和/英) 認証 / authentication  
キーワード(4)(和/英) クラウド / cloud  
キーワード(5)(和/英) M2M / M2M  
キーワード(6)(和/英) 機能安全 / functional safety  
キーワード(7)(和/英) ID管理 / identity management  
キーワード(8)(和/英) プライバシー / privacy  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宝木 和夫 / Kazuo Takaragi / タカラギ カズオ
第1著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-07 16:35:00 
発表時間 50 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-IT2012-88,IEICE-ISEC2012-106,IEICE-WBS2012-74 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.460(IT), no.461(ISEC), no.462(WBS) 
ページ範囲 p.167 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-IT-2013-02-28,IEICE-ISEC-2013-02-28,IEICE-WBS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会