電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-07 10:30
非同期型Slepian-Wolf符号化システムにおけるユニバーサル符号化
松田哲直植松友彦東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Slepian-Wolf(SW)符号化システムは多端子情報理論における最も基本的な情報源符号化システムの一つである。本論文では、情報源の統計的な性質が未知であり、符号器が非同期的に符号化を行う場合のSW符号化システムを取り扱う。そして、非同期的な符号化の際に生じる符号化器間の遅延時間は符号器と復号器において未知であるが、遅延時間の最大値は符号器と復号器において既知であるとき、非同期型SW符号化システムにおける達成可能領域を求めると共に、ユニバーサル符号の存在を示している。ここでいうユニバーサル符号とは、符号の符号化率を達成可能領域に含む全ての情報源に対して、符号長を長くすることで復号誤り率を任意に小さくできる符号のことである。 
(英) Slepian-Wolf (SW) coding system is the most fundamental source coding system in multi-terminal information theory. In this paper, we consider the situation in which the coding system is asynchronous, and does not know the probability distribution of the source. We assume that delays of encoding are unknown to encoders and the decoder, but maximum values of delays are known to encoders and the decoder. In this situation, we show the achievable rate region for asynchronous SW coding systems. Then, we show the existence of a universal code, where the universal code is a code of which the error probability vanishes as the block length tends to infinity for all sources whose achievable rate region contains the rate pair of encoders.
キーワード (和) Slepian-Wolf符号化システム / 非同期 / ユニバーサル符号化 / / / / /  
(英) Asynchronous / Slepian-Wolf coding system / Universal coding / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 460, IT2012-62, pp. 1-6, 2013年3月.
資料番号 IT2012-62 
発行日 2013-02-28 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 
開催地(英) Kwansei Gakuin Univ., Osaka-Umeda Campus 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2013-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 非同期型Slepian-Wolf符号化システムにおけるユニバーサル符号化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Universal Coding for Asynchronous Slepian-Wolf Coding Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Slepian-Wolf符号化システム / Asynchronous  
キーワード(2)(和/英) 非同期 / Slepian-Wolf coding system  
キーワード(3)(和/英) ユニバーサル符号化 / Universal coding  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 哲直 / Tetsunao Matsuta / マツタ テツナオ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 植松 友彦 / Tomohiko Uyematsu / ウエマツ トモヒコ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-07 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2012-62,IEICE-ISEC2012-80,IEICE-WBS2012-48 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.460(IT), no.461(ISEC), no.462(WBS) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2013-02-28,IEICE-ISEC-2013-02-28,IEICE-WBS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会