電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-07 15:30
クリッピングアンドフィルタリングを用いたOFDMAおよびSC-FDMAの特性比較
グエン ヒウ バオ チュン落合秀樹横浜国大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年インターネットの普及に伴って大容量かつ高速な通信が求められている. また周波数資源は有限で あるため, 限られた帯域を効率よく使う必要がある. そこで注目をあつめている方式として直交周波数分割多元接続 (OFDMA : Orthogonal Frequency-Division Multiple Access) 方法が挙げられる. しかし OFDMA は複数のサブキャ リアを合成して波を生成するためにピーク対平均電力比 (PAPR : Peak-to-Avarage Power Ratio) が大きくなり電力 増幅器の効率が著しく低下する. そこで本稿では PAPR 特性に優れ通信方式であり,次世代の移動体通信方式の上 り回線として採用されているシングルキャリア周波数分割多元接続(SC-FDMA: Single-Carrier Frequency-Division Multiple Access) 方式に注目する. SC-FDMA 方式はシングルキャリアにおける周波数領域を異なるユーザに割り 当てることにより多元接続を行う方式であり,シングルキャリアの特性を引き継ぐため,OFDMA と比較して低い PAPR で通信を行うことができる.本稿では,OFDMA および SC-FDMA に PARR 低減としてクリッピングアン ドフィルタリング (CAF : Clipping And Filtering) を適用するとともに,低密度パリティ検査 (LDPC : Low-density parity-check) 符号を用いた場合の誤り率改善効果について特性比較を行う. 
(英) Recently, orthogonal frequency-division multiple access (OFDMA) has been considered as a promis- ing candidate for next-generation mobile communications due to its robustness against multipath fading and high bandwidth efficiency. However, the OFDMA signal has a critical drawback that the peak-to-average power ratio (PAPR) is very high compared to conventional single-carrier signals. For these reasons OFDMA is not considered suitable for battery-driven mobile terminals. In this paper, we analyze the performances of the clipping and filtering (CAF) based PAPR reduction scheme for both the single-carrier frequency-division multiple access (SC-FDMA) and OFDMA systems in terms of peak power reduction capability and degradation in terms of bit error rate (BER). The clipping is performed on the baseband SC-FDMA and OFDMA signals with and without oversampling, follow by the ideal low-pass filter. First, the effect of the envelope clipping power on the PAPR of the band-limited SC-FDMA and OFDMA is studied. We then discuss the BER performances of the oversampled and clipped SC-FDMA and OFDMA signals over the additive white Gaussian noise (AWGN) channels. It is shown that the SNR penalty due to clipping can be considerably alleviated by using channel coding, which is justified by the simulation results using the low-density parity-check (LDPC) code.
キーワード (和) SC-FDMA / OFDMA / BER / PAPR / 低減 / クリッピング / フィルタリング / LDPC 符号  
(英) SC-FDMA / OFDMA / BER / PAPR / Reduction / Clipping / Filtering / LDPC coding  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 462, WBS2012-72, pp. 155-160, 2013年3月.
資料番号 WBS2012-72 
発行日 2013-02-28 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 
開催地(英) Kwansei Gakuin Univ., Osaka-Umeda Campus 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2013-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) クリッピングアンドフィルタリングを用いたOFDMAおよびSC-FDMAの特性比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Comparison of OFDMA and SC-FDMA with Clipping and Filtering 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SC-FDMA / SC-FDMA  
キーワード(2)(和/英) OFDMA / OFDMA  
キーワード(3)(和/英) BER / BER  
キーワード(4)(和/英) PAPR / PAPR  
キーワード(5)(和/英) 低減 / Reduction  
キーワード(6)(和/英) クリッピング / Clipping  
キーワード(7)(和/英) フィルタリング / Filtering  
キーワード(8)(和/英) LDPC 符号 / LDPC coding  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) グエン ヒウ バオ チュン / Nguyen Huu Bao Trung / グエン ヒウ バオ チュン
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 落合 秀樹 / Hideki Ochiai /
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-07 15:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-IT2012-86,IEICE-ISEC2012-104,IEICE-WBS2012-72 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.460(IT), no.461(ISEC), no.462(WBS) 
ページ範囲 pp.155-160 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2013-02-28,IEICE-ISEC-2013-02-28,IEICE-WBS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会