電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン (ESS/通ソ/ISS)
技報アーカイブ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-05 15:00
情報理論によるシングルフレーム超解像の限界性能評価
川喜田雅則山口耕太郎高橋規一竹内純一九大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文では情報理論を用いて単一フレーム超解像の原理的性能限界を評価した.超解像とは入力された低解像度画像から対応した高解像度画像を推定する手法である.本研究では特に入力に1枚の低解像度画像を用いる単一フレーム超解像を取り扱う.本研究の目的は単一フレーム超解像によって高解像度画像が完全に復元できる条件を明らかにすることである.解析の鍵となるアイデアは超解像問題を情報理論における通信路符号化と対応づけることである.その結果,画像に適当な統計モデルを仮定することで超解像における通信路容量と伝送レー トが計算できる.さらに通信路符号化定理を通して,ある条件の下で単一フレーム超解像により 高解像度画像を完全に復元できるための必要十分条件が導出できる.またいくつかの超解像の設定でこの条件が満たされるかどうかを数値実験により評価した.さらに超解像可能条件が満たされるとき,代表的な超解像アルゴリズム\cite{1Y2008}が完全復元を達成するか検証した. 
(英) We elucidate the potential limit of single-frame super-resolution by
information theory. A single-frame super-resolution is a method to
improve the resolution of a single image given. Our goal
is to derive a condition for the perfect recovery of its
high-resolution image. The key idea is that ``single-frame
super-resolution task can be regarded as channel coding.''
Using this relationship, we derive a necessary and sufficient condition
for perfect recovery under some conditions. We investigate numerically whether this condition is
satisfied or not for several situations. Further, the performance of
the famous super-resolution algorithm \cite{1Y2008} is surveyed in
comparison to this condition.
キーワード (和) 超解像 / 通信路符号化 / 圧縮センシング / / / / /  
(英) super-resolution / channel coding / compressed sensing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 454, IBISML2012-106, pp. 95-100, 2013年3月.
資料番号 IBISML2012-106 
発行日 2013-02-25 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2013-03-04 - 2013-03-05 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Institute of Technology 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2013-03-IBISML 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 情報理論によるシングルフレーム超解像の限界性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of the limit performance of single frame super-resolution 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超解像 / super-resolution  
キーワード(2)(和/英) 通信路符号化 / channel coding  
キーワード(3)(和/英) 圧縮センシング / compressed sensing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川喜田 雅則 / Masanori Kawakita / カワキタ マサノリ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 耕太郎 / Kouratarou Yamaguchi / ヤマグチ コウタロウ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 規一 / Norikazu Takahashi / タカハシ ノリカズ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 純一 / Jun'ichi Takeuchi / タケウチ ジュンイチ
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-05 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2012-106 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.454 
ページ範囲 pp.95-100 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IBISML-2013-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会