電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-25 09:20
A Token Scheduled High Throughput Multi-channel Data Collection Protocol for Wireless Sensor Network
Jinzhi LiuMakoto SuzukiDoohwan LeeHiroyuki MorikawaUniv. of Tokyo
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) We present a token based multi-channel TDMA data collection protocol called TKN-TWN to achieve high throughput, scalability, and topology adaptability in wireless sensor network. TDMA mechanism is more suitable for efficient data collection due to eliminated tranmission collisions and carrier sense. However, the complex scheduling burden is the primary limiting factor of scalability and topology adaptability. To minimize the scheduling burden while exploiting the advantages of TDMA-based data collection, TKN-TWN uses two tokens and associates the ownership of tokens with transmission slot assignment. Due to the simple mechanism of the token passing, TKN-TWN reduces the complex scheduling burden and provides the scalability and topology adaptability. TKN-TWN further leverages the contention-free nature of TDMA by allowing burst transmission. When sensor nodes have the similar traffic pattern, TKN-TWN sustains high throughput through burst transmission. We evaluate the throughput of data collection on the indoor deloyed testbed with Tmote Sky and show that TKN-TWN achieves throughput over 10 KByte/s when routing topology is balanced under indoor propagation environment. 
(英) We present a token based multi-channel TDMA data collection protocol called TKN-TWN to achieve high throughput, scalability, and topology adaptability in wireless sensor network. TDMA mechanism is more suitable for efficient data collection due to eliminated tranmission collisions and carrier sense. However, the complex scheduling burden is the primary limiting factor of scalability and topology adaptability. To minimize the scheduling burden while exploiting the advantages of TDMA-based data collection, TKN-TWN uses two tokens and associates the ownership of tokens with transmission slot assignment. Due to the simple mechanism of the token passing, TKN-TWN reduces the complex scheduling burden and provides the scalability and topology adaptability. TKN-TWN further leverages the contention-free nature of TDMA by allowing burst transmission. When sensor nodes have the similar traffic pattern, TKN-TWN sustains high throughput through burst transmission. We evaluate the throughput of data collection on the indoor deloyed testbed with Tmote Sky and show that TKN-TWN achieves throughput over 10 KByte/s when routing topology is balanced under indoor propagation environment.
キーワード (和) 無線センサネットワーク / ティーディーエムエー / トークン / マルチチャンネル / スゲジューリング / / /  
(英) Wireless Sensor Networks / TDMA / Token / Multi-channel / Scheduling / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 406, USN2012-63, pp. 39-44, 2013年1月.
資料番号 USN2012-63 
発行日 2013-01-17 (USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA AN USN  
開催期間 2013-01-24 - 2013-01-25 
開催地(和) 作並温泉ゆづくしSalon 一の坊(仙台市) 
開催地(英) ICHINOBO (Sendai-city) 
テーマ(和) モバイルユビキタス/センサ技術, アドホックネットワーク, RFID, 一般および技術展示 
テーマ(英) Mobile ubiquitous/Sensor technology, Ad hoc network, RFID, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 USN 
会議コード 2013-01-MoMuC-AN-USN 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Token Scheduled High Throughput Multi-channel Data Collection Protocol for Wireless Sensor Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線センサネットワーク / Wireless Sensor Networks  
キーワード(2)(和/英) ティーディーエムエー / TDMA  
キーワード(3)(和/英) トークン / Token  
キーワード(4)(和/英) マルチチャンネル / Multi-channel  
キーワード(5)(和/英) スゲジューリング / Scheduling  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 劉 進志 / Jinzhi Liu /
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The university of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 誠 / Makoto Suzuki /
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The university of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 斗煥 / Doohwan Lee /
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The university of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森川 博之 / Hiroyuki Morikawa /
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The university of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-25 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 USN 
資料番号 IEICE-USN2012-63 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.406 
ページ範囲 pp.39-44 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-USN-2013-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会