電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-25 13:00
ネットワーク遅延の変動が力の知覚に及ぼす影響
松永一希名工大)・大西 仁放送大)・石橋 豊名工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告では, 一人の利用者が触覚インタフェース装置を用いて, 3次元仮想空間内の立方体のオブジェクトを持ち上げる作業と, ばねを押す作業の二つに対して, 作業の途中でネットワーク遅延が変わる場合に, 人の力の知覚に及ぼす影響を恒常法により調査している. その結果, どちらの作業においても, 変化後に知覚される力は変化前の遅延に依存し, 変化前の遅延が大きいほど, 変化後の遅延は大きく知覚されることを示す. 
(英) In this report, we investigate the effects of network delay variation on haptic perception by the constant method for two types of work using haptic interface devices. In the first work, a user lifts a rigid cube in a 3D virtual space. In the second work, a user pushes a virtual spring. As a result, we illustrate that in both types of work, the perceived force after the network delay variation depends on the network delay before the variation, and the perceived network delay becomes larger as the network delay before the variation increases.
キーワード (和) 力覚 / 知覚 / ネットワーク遅延 / 心理物理的手法 / 恒常法 / / /  
(英) Haptic sense / Human perception / Network delay / Psychophysical method / Constant method / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 414, CQ2012-77, pp. 21-26, 2013年1月.
資料番号 CQ2012-77 
発行日 2013-01-18 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2013-01-25 - 2013-01-25 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 映像/音声サービスの品質、メディア品質、ネットワークの品質・QoS制御、次世代/新世代ネットワークアーキテクチャ、五感情報通信、一般 
テーマ(英) Audio and video quality, Media quality, Quality control of networks, Architecture of next generation/future networks, Five senses media communications, general fields 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2013-01-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ネットワーク遅延の変動が力の知覚に及ぼす影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effects of Network Delay Variation on Haptic Perception 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 力覚 / Haptic sense  
キーワード(2)(和/英) 知覚 / Human perception  
キーワード(3)(和/英) ネットワーク遅延 / Network delay  
キーワード(4)(和/英) 心理物理的手法 / Psychophysical method  
キーワード(5)(和/英) 恒常法 / Constant method  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松永 一希 / Kazuki Matsunaga / マツナガ カズキ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 仁 / Hitoshi Ohnishi / オオニシ ヒトシ
第2著者 所属(和/英) 放送大学 (略称: 放送大)
The Open University of Japan (略称: OUJ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石橋 豊 / Yutaka Ishibashi / イシバシ ユタカ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-25 13:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2012-77 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.414 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2013-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会