電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-25 09:35
L形プローブを用いた導波管形広帯域円偏波アンテナの高周波帯における交差偏波低減
山浦真悟福迫 武熊本大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,L形プローブと導波管構造を組み合わせた広帯域円偏波アンテナの交差偏波低減を検討した.導波管内に発生する高次モードの影響を受けて,高次モードのカットオフ周波数以降の高周波帯で円偏波特性が劣化する.高域における円偏波特性を改善するため,導波管の短絡壁を曲面とし,高周波帯における交差偏波の低減効果について検討したので報告する.短絡壁を楕円形にすることで,高周波帯において交差偏波が5 dBから10 dB程度低減した. 
(英) Reduction of cross polarization at higher frequencies is performed for a circularly polarized broadband antenna using a waveguide and an L-shaped feed probe. Cross polarization was enhanced at higher frequencies beyond cutoff frequency of first higher order mode in previously proposed structures by the authors. To reduce the cross polarization, the surface of short wall of the waveguide is modified to be curved. As a result, cross polarization is reduced by 5 dB to 10dB by the short wall with an ellipse-shaped surface.
キーワード (和) 導波管アンテナ / 広帯域アンテナ / 円偏波 / L形給電プローブ / / / /  
(英) Waveguide antenna / Broadband antenna / Circular polarization / L-shaped feed probe / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 384, AP2012-146, pp. 131-134, 2013年1月.
資料番号 AP2012-146 
発行日 2013-01-16 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2013-01-23 - 2013-01-25 
開催地(和) ホテルメリージュ(宮崎市) 
開催地(英) Hotel Merieges (Miyazaki City) 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英) Antennas and Progation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2013-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) L形プローブを用いた導波管形広帯域円偏波アンテナの高周波帯における交差偏波低減 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reduction of Cross Polarization at Higher Frequencies in Circularly Polarized Broadband Waveguide Antenna with an L-shaped Probe 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 導波管アンテナ / Waveguide antenna  
キーワード(2)(和/英) 広帯域アンテナ / Broadband antenna  
キーワード(3)(和/英) 円偏波 / Circular polarization  
キーワード(4)(和/英) L形給電プローブ / L-shaped feed probe  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山浦 真悟 / Shingo Yamaura / ヤマウラ シンゴ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福迫 武 / Takeshi Fukusako /
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-25 09:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2012-146 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.384 
ページ範囲 pp.131-134 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2013-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会