電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-25 10:00
イベント駆動型センサネットワークにおけるクラスタ構造を用いたエッジ探索型データ収集法
河井彩公子朝香卓也首都大東京
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 我々は,イベント検出を契機に情報収集を開始するイベント駆動型センサネットワークにおいて,地理的に近い位置に設置されたノードが同一のイベントを観測する傾向にある事に着目し,イベント発生領域の縁(エッジ)に位置するノードの観測情報のみを収集する事で冗長な通信を削減し省電力化を達成するデータ収集手法を提案してきた.これまで我々が適用先として想定してきた環境の多くでは,時間経過に伴いイベント発生領域の形状が変化することが考えられる.しかし,従来の方式をこのような状況に適用すると,繰り返し全エッジノードより観測情報を収集してしまうため,省電力の観点から効率的ではない.そこで,本稿では,これまで提案してきた従来の方式を拡張し,センサノード群に新たにクラスタ構造を用いることによって,よりエネルギー効率良くデータ収集を可能とす
るデータ収集法を提案する. 
(英) We focused on event-driven wireless sensor networks in which sensor nodes start data collection when the nodes detect an event. In event-driven wireless sensor networks, the sensor nodes that are located in the neighborhood are inclined to monitor same events. Therefore, we have previously proposed a data collection scheme that is able to remove redundancy and achieve lower power consumption, by collecting data from only edge nodes. In much of environments that assumed as application of our scheme, these include the situations of movement and of time variation of event areas. However, in our conventional method, it is not efficient from the power consumption viewpoint, as the data from all edge nodes is collected repeatedly in these situations. This paper proposes a data collection scheme by using cluster structures for our conventional scheme.
キーワード (和) イベント駆動型センサネットワーク / 省電力化 / エッジ探索 / / / / /  
(英) Event-Driven Wireless Sensor Networks / Low-Energy Consumption, / Edge Searching / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 406, USN2012-64, pp. 45-50, 2013年1月.
資料番号 USN2012-64 
発行日 2013-01-17 (USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA AN USN  
開催期間 2013-01-24 - 2013-01-25 
開催地(和) 作並温泉ゆづくしSalon 一の坊(仙台市) 
開催地(英) ICHINOBO (Sendai-city) 
テーマ(和) モバイルユビキタス/センサ技術, アドホックネットワーク, RFID, 一般および技術展示 
テーマ(英) Mobile ubiquitous/Sensor technology, Ad hoc network, RFID, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 USN 
会議コード 2013-01-MoMuC-AN-USN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) イベント駆動型センサネットワークにおけるクラスタ構造を用いたエッジ探索型データ収集法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Cluster-based Data Collection Scheme with Edge Searching for Event-Driven Wireless Sensor Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) イベント駆動型センサネットワーク / Event-Driven Wireless Sensor Networks  
キーワード(2)(和/英) 省電力化 / Low-Energy Consumption,  
キーワード(3)(和/英) エッジ探索 / Edge Searching  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河井 彩公子 / Sakiko Kawai / カワイ サキコ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 朝香 卓也 / Takuya Asaka /
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-25 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 USN 
資料番号 IEICE-USN2012-64 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.406 
ページ範囲 pp.45-50 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-USN-2013-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会