電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-25 15:20
AMI用マルチホップ無線ネットワークにおけるデータ収集型通信に関するCSMA/CAとTDMAの性能比較
中拂徳仁京大)・原田 諭門田和也日立)・高橋 豊京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 既存の電力供給システムを発展させてスマートグリッド化する必要性が世界的に高まっており, そのための重要な要素技術にAdvanced Metering Infrastructure (AMI) がある. AMIを構成するネットワークは階層的であり, 本稿では各加入者と電力会社のゲートウェイ間の通信を司るNeighborhood Area Network (NAN) を考察する. NANでは, マルチホップ無線通信が適しており, 本稿では, そのための通信方式としてTDMAとCSMAの二つを取り上げ, 多数のスマートメータから一台のゲートウェイに向けて, データ収集型の定期通信を行う際の, 両方式の性能比較を行う. 性能評価量としてはパケット到達率とスループットを採用し, シミュレーション結果より, スマートメータの密度, 送信頻度によるTDMAとCSMA/CAそれぞれの適合領域が明らかになった. 
(英) Advanced Metering Infrastructure (AMI) will play an integral role in future smart grid, which is expected to modernize existing electric power supply infrastructure. AMI has a hierarchical structure, and we focus on the part called Neighborhood Area Network (NAN), where communications between household smart meters and electric power company's gateways are conducted. Multihop wireless communication is suited for NAN, and TDMA and CSMA/CA are possible candidates for the media access control. Then, we conduct a performance comparison of the two on periodical data collection from many smart meters to one gateway over multihop wireless networks. Our simulation results show the sustainable range of the two protocols concerning the density of smart meters and data collection frequency, in terms of two performance measures, successful packet transmission rate and throughput.
キーワード (和) スマートグリッド / AMI / 無線ネットワーク / データ収集 / TDMA / CSMA/CA / /  
(英) smart grid / AMI / wireless networks / data collection / TDMA / CSMA/CA / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 405, AN2012-67, pp. 109-114, 2013年1月.
資料番号 AN2012-67 
発行日 2013-01-17 (AN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA AN USN  
開催期間 2013-01-24 - 2013-01-25 
開催地(和) 作並温泉ゆづくしSalon 一の坊(仙台市) 
開催地(英) ICHINOBO (Sendai-city) 
テーマ(和) モバイルユビキタス/センサ技術, アドホックネットワーク, RFID, 一般および技術展示 
テーマ(英) Mobile ubiquitous/Sensor technology, Ad hoc network, RFID, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AN 
会議コード 2013-01-MoMuC-AN-USN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) AMI用マルチホップ無線ネットワークにおけるデータ収集型通信に関するCSMA/CAとTDMAの性能比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Comparison of CSMA/CA and TDMA on Data Collection over AMI Multihop Wireless Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スマートグリッド / smart grid  
キーワード(2)(和/英) AMI / AMI  
キーワード(3)(和/英) 無線ネットワーク / wireless networks  
キーワード(4)(和/英) データ収集 / data collection  
キーワード(5)(和/英) TDMA / TDMA  
キーワード(6)(和/英) CSMA/CA / CSMA/CA  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中拂 徳仁 / Naruhito Nakaharai / ナカハライ ナルヒト
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 諭 / Satoru Harada / ハラダ サトル
第2著者 所属(和/英) 株式会社 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 門田 和也 / Kazuya Monden / モンデン カズヤ
第3著者 所属(和/英) 株式会社 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 豊 / Yutaka Takahashi / タカハシ ユタカ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-25 15:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AN 
資料番号 IEICE-AN2012-67 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.405 
ページ範囲 pp.109-114 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AN-2013-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会