電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-25 16:15
災害時の移動電源車巡回を考慮したクラスタリングによる巡回地点決定法の評価
高木俊彰森野博章芝浦工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 東日本大震災の例に見られるように,地震等の災害発生時には家庭やオフィスにおいて停電により固定網通信に支障が生じるケースがあり,その場合携帯電話は重要な通信手段となる.ただし停電が長時間継続する場合には携帯電話端末にも電源供給が必要であり,対策の一つとして対象エリア内に移動電源車を巡回させ端末の充電を行うことが考えられる.本論文では,すべての各ユーザ端末が充電を完了し,自宅に帰るまでの時間について,その最大値を最小化するという観点から,移動電源車の巡回地点を決定する問題を設定し,その近似解を効率よく求める手法を提案する.ここで充電時間は,ユーザが巡回地点に移動する時間と,その地点での行列の待ち時間の和であると想定する.これは一般にpセンター問題と呼ばれる問題と類似しておりNP-困難な問題であることが予想される.つまり最適解の求解には膨大な計算時間が必要であり現実的ではない.そこで本論文では近似解法としてk-means法を拡張したアルゴリズムを用いて対象エリアを分割し各エリアの中心を巡回地点とすることで移動経路を定める手法を提案する.本研究は,実地域を対象としたシミュレーションにより分割エリア数の近似最適解を検討した結果を報告する. 
(英) As can be seen in the example of the Great East Japan Earthquake, there are cases that wired communication infrastructures are not available due to power outage in the home or office after the event of a disaster. In such a case, mobile phones are important means of communication. Here, when the power failure still continues for a long time, mobile phone terminals will also need the power supply, and it will be useful that a vehicle-mounted generator travels within the target area. In this paper, we propose a scheme to obtain an approximate solution for a problem to find a optimum route of the generator to minimize the time required to charge all people’s terminals. It should be a NP-hard problem is expected to be called p center problem in general. In this paper, we point patrol the center of each area dividing the target area using an algorithm that extends the k-means++ method.
キーワード (和) クラスタリング / k平均法 / 電源車 / / / / /  
(英) disaster communication / vehicle-mounted generator / clustering / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, 2013年1月.
資料番号  
発行日 2013-01-17 (MoMuC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA AN USN  
開催期間 2013-01-24 - 2013-01-25 
開催地(和) 作並温泉ゆづくしSalon 一の坊(仙台市) 
開催地(英) ICHINOBO (Sendai-city) 
テーマ(和) モバイルユビキタス/センサ技術, アドホックネットワーク, RFID, 一般および技術展示 
テーマ(英) Mobile ubiquitous/Sensor technology, Ad hoc network, RFID, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2013-01-MoMuC-AN-USN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 災害時の移動電源車巡回を考慮したクラスタリングによる巡回地点決定法の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Determining traveling points of a vehicle-mounted generator after the disaster using a clustering method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クラスタリング / disaster communication  
キーワード(2)(和/英) k平均法 / vehicle-mounted generator  
キーワード(3)(和/英) 電源車 / clustering  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 俊彰 / Toshiaki Takagi / タカギ トシアキ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Institute of Technology)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森野 博章 / Hiroaki Morino / モリノ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Institute of Technology)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-25 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoMuC2012-68 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.404 
ページ範囲 pp.131-136 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoMuC-2013-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会