電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-25 16:40
Ku帯ビーコン観測による低高度を周回する超小型衛星の軌道変化の推定
西尾正則宮本 翔北迫千歩森松健人森田大貴中野 大和合佐友里山道千鶴鹿児島大)・坂本祐二東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 鹿児島大学では、地域の企業等と協力してCubeSat級(10センチ立方)の超小型衛星KSAT2の開発を進めている。この衛星は、高度400 kmの低軌道に投入される予定であり、地球大気による大きな軌道の変化が予想される。このため、衛星には、テレメトリ用の送信機とは別に周回中の位置を地上から探査することを目的として1mW程度の送信電力を持つKu帯ビーコン送信機を搭載予定である。2012年10月初旬に国際宇宙ステーションより放出された超小型衛星RAIKOは、KSAT2とほぼ同じ通信システムを搭載し、放出時の高度もほぼ同じである。我々は、RAIKOのKu帯ビーコンの受信を行い、低軌道での衛星の軌道変化および独自の軌道決定方法の評価を行っている。この観測をもとにRAIKOの軌道決定ができることを確認しているが、衛星の追跡に必要な精度にはまだ達していない。このため、アルゴリズムの改良を続けている。 
(英) In Kagoshima University, development of a pico-satellite KSAT2 with a size of 10-cm cube is in progress in cooperation with local companies. This satellite is going to be orbited into an altitude of 400 km, and be affected a big orbital disturbance with the atmospheric drag. Therefore, a Ku-band beacon transmitter is equipped in the satellite for exploring a position of the satellite from the ground. The transmitter has an output of 1~mW and is installed separately from a transmitter for telemetry. Pico-satellite RAIKO equipped with a transmitter about the same with KSAT-2 was launched in the beginning of October, 2012. The satellite development group of Kagoshima University is receiving the Ku-band beacon of this satellite to check the orbit change of the satellite. In this report, situations of the Ku-band beacon reception and the satellite orbit change in the low altitude are shown.
キーワード (和) 超小型衛星 / 低高度 / 軌道決定 / 大気抵抗 / ドップラーシフト / 軌道推定 / /  
(英) Pico-Satellite / Low Earth Orbit / Orbit Determination / Atmospheric Drag / Doppler Shift / Orbit Estimation / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 384, AP2012-157, pp. 187-191, 2013年1月.
資料番号 AP2012-157 
発行日 2013-01-16 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2013-01-23 - 2013-01-25 
開催地(和) ホテルメリージュ(宮崎市) 
開催地(英) Hotel Merieges (Miyazaki City) 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英) Antennas and Progation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2013-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Ku帯ビーコン観測による低高度を周回する超小型衛星の軌道変化の推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Presumption of Trajectory Deviations of a Cubesat Orbiting at Very Low Altitude based on Ku-band Beacon Observations 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超小型衛星 / Pico-Satellite  
キーワード(2)(和/英) 低高度 / Low Earth Orbit  
キーワード(3)(和/英) 軌道決定 / Orbit Determination  
キーワード(4)(和/英) 大気抵抗 / Atmospheric Drag  
キーワード(5)(和/英) ドップラーシフト / Doppler Shift  
キーワード(6)(和/英) 軌道推定 / Orbit Estimation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 正則 / Masanori Nishio / ニシオ マサノリ
第1著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 翔 / Sho Miyamoto / ミヤモト ショウ
第2著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 北迫 千歩 / Chiho Kitasako / キタサコ チホ
第3著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森松 健人 / Takehito Morimatsu / モリマツ タケヒト
第4著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 大貴 / Hiroki Morita / モリタ ヒロキ
第5著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 大 / Masaru Nakano / ナカノ マサル
第6著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 和合 佐友里 / Sayuri Wago / ワゴウ サユリ
第7著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 山道 千鶴 / Chizuru Yamamichi / ヤマミチ チズル
第8著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 祐二 / Yuji Sakamoto / サカモト ユウジ
第9著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-25 16:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2012-157 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.384 
ページ範囲 pp.187-191 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2013-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会