電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-25 13:20
セキュア光アクセスネットワークに向けたレーザ駆動電流直接変調方式によるY-00(光通信量子暗号) ~ 2.5Gb/s,80km伝送システム実験 ~
二見史生広田 修玉川大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 最近,アメリカ国家安全保障局(NSA)や国防高等研究計画局(DARPA)がサイバーセキュリティの研究開発に注力しているように,サイバーセキュリティの確保は喫緊の課題である.昨年,DARPAは物理暗号の研究開発方針を大きく転換し,通信回線からの盗聴を防御するため,伝送容量1~10 Gb/s,伝送距離1,000~10,000 kmと高い通信性能を目標とした物理暗号プロジェクト「Quiness」を開始した.我々は,この目標性能を実現できる物理暗号Y-00(光通信量子暗号)を理論と実験の両側面から研究開発を行ってきた.既に,安全性評価としてランダム暗号性実験評価,伝送容量Gb/s以上での長距離光ファイバ通信検証を行った.また,Y-00暗号トランシーバを試作し,波長分割多重方式の適用可能性を実証し,最大容量40 Gb/sの伝送実験に成功した.更に,実用化に向け,2.5 Gb/sの強度変調Y-00暗号トランシーバの2ヶ月間に渡るフィールド試験に成功した.本稿では,小型化に向けレーザ駆動電流直接変調方式のY-00送信機を提案し,2.5 Gb/s,80 km伝送システム実験に成功したので報告する. 
(英) Recently National Security Agency (NAS) and Defense Advanced Research Projects Agency (DARPA) in the United States are focusing on the R&D of the cyber security, which clearly shows the ensuring cyber security is the urgent issue. Last year, DARPA changed its policy and started the project of the physical cipher, “Quiness”, for protecting eavesdropping the information in the fiber communication link. The goal of the project is rather high, the bit rate of 1 - 10 Gb/s and distance of 1,000 – 10,000 km. The authors have been conducting theoretically and experimentally the R&D of Y-00 quantum cipher, a physical cipher, to meet such performance. So far, the authors evaluated experimentally Y-00 performance of the security levels as well as the communication systems. The random cipher nature was experimentally measured as the security level evaluation. Y-00 transmission experiments were also demonstrated at the data rate over giga-bit per second in long distance optical fiber transmission lines and error-free performance of 2.5-Gb/s Y-00 transceiver over 160-km installed optical fiber over two months was demonstrated. In this report, the authors propose a direct modulation scheme of Y-00 transmitter for downsizing the transceiver and demonstrate 80-km transmission experiment at data rate of 2.5 Gb/s.
キーワード (和) Y-00暗号 / Y-00暗号 / Y-00暗号トランシーバ / 小型化 / 直接変調 / / /  
(英) Y-00 quantum cipher / Y-00 transceiver / downsizing / direct modulation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 395, OCS2012-94, pp. 53-58, 2013年1月.
資料番号 OCS2012-94 
発行日 2013-01-17 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OCS CS  
開催期間 2013-01-24 - 2013-01-25 
開催地(和) 愛媛大学 
開催地(英) Ehime Univ. 
テーマ(和) コア・メトロシステム、光アクセスシステム・次世代PON、ブロードバンドアク セス方式、(広域)イーサネット、光伝達網 (OTN)、高速インタフェース、 アナログ光伝送、量子通信、一般 
テーマ(英) Core and metro networks, Optical access systems, Next-generation PON, Broadband access systems, Wide-area Ethernet, Optical transport network, High-speed interface, Analog optical transmissions, Quantum communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2013-01-OCS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) セキュア光アクセスネットワークに向けたレーザ駆動電流直接変調方式によるY-00(光通信量子暗号) 
サブタイトル(和) 2.5Gb/s,80km伝送システム実験 
タイトル(英) Y-00 quantum cipher from transmitter using directly modulated DFB Laser for secure access networks 
サブタイトル(英) 80-km transmission experiment at 2.5 Gb/s 
キーワード(1)(和/英) Y-00暗号 / Y-00 quantum cipher  
キーワード(2)(和/英) Y-00暗号 / Y-00 transceiver  
キーワード(3)(和/英) Y-00暗号トランシーバ / downsizing  
キーワード(4)(和/英) 小型化 / direct modulation  
キーワード(5)(和/英) 直接変調 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 二見 史生 / Fumio Futami / フタミ フミオ
第1著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagawa University (略称: Tamagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 広田 修 / Osamu Hirota / ヒロタ オサム
第2著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagawa University (略称: Tamagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-25 13:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2012-94 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.395 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2013-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会