電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-24 15:30
ドップラーセンサを利用した人認識の実現に向けた基礎検討
真島俊亮森野博章芝浦工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 家電・ゲーム機などにおいて,最近ハンズフリー技術による個人認識が注目されている.ここではユーザの状態や周囲の環境に影響を受けにくい認識技術が重要な課題となる.従来はKinectに代表される画像認識や音声認識の技術が広く研究・実用化されているが,例えば複数人で共用するPCの認証に応用する場合を考えると,カメラが必要な画像認識ではプライバシーの侵害の問題,暗所では利用できないといった欠点があり,さらに音声認識は周囲の雑音に影響を受けやすい. そこで本稿では,マイクロ波ドップラーセンサを利用した個人認識手法を提案する.本手法ではセンサから得られたデータを周波数領域に変換し,特定の周波数を解析することで特徴量を抽出する.事前の学習により,周波数帯域毎に個人による差の出やすさを考慮した重み付けを設定しておき,推定対象データの特徴量にこの重み付けを掛け合わせることにより認識率向上を図る.3人の被験者を対象とした実験により,重み付けを行わない場合と比較して認識率を平均で8 %改善できることを示す.また,運用を考慮すると学習回数を少なく抑えることも重要である.本稿では学習回数別に認識率を比較し,高精度な認識を実現できる範囲で最適な学習回数を検討する. 
(英) In household appliances, game machines and so on, the individual recognition by hands-free technology attracts attentions these days. Here, it is an important issue to develop recognition technologies with performance less affected by the user's conditions or the surrounding environments. Conventionally, image recognitions represented by those used in Kinect or speech recognitions have been studied and put to practical use in a wide range of applications, such as user authentication in a PC shared by two or more persons, based on image recognition using a camera. However, image recognition has some drawbacks such as it cannot be used in dark places, or in the circumstances where users are sensitive to infringement of their privacies. Also, speech recognition tends to be affected by the surrounding noise. In this paper, we propose a novel individual recognition technique using microwave Doppler sensors This technique extracts feature quantity specific to the target individual from the frequency spectrum data of reflected signal received by the Doppler sensors Based on the results of our preliminary experiments, we determine weight values used for feature quantity extraction, in order to efficiently derive the spectrum data specific to each individual, leading to improvement of recognition performance. With the experiment targeted for three participants, it is shown that the proposed scheme improves the success ratio of the recognition by about 8 % on average compared with the existing scheme where weighting to spectrum data is not performedMoreover, if deployment is taken into consideration, it is also important to stop set the number of tests for obtaining learning data as few as possible. This paper examines the optimal number of tests for learning.
キーワード (和) 個人認識 / ドップラーセンサ / FFT / 特徴量 / / / /  
(英) Idndividual Recognition / Microwave Doppler Sensor / FFT / Feature quantity / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 406, USN2012-60, pp. 21-26, 2013年1月.
資料番号 USN2012-60 
発行日 2013-01-17 (USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA AN USN  
開催期間 2013-01-24 - 2013-01-25 
開催地(和) 作並温泉ゆづくしSalon 一の坊(仙台市) 
開催地(英) ICHINOBO (Sendai-city) 
テーマ(和) モバイルユビキタス/センサ技術, アドホックネットワーク, RFID, 一般および技術展示 
テーマ(英) Mobile ubiquitous/Sensor technology, Ad hoc network, RFID, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 USN 
会議コード 2013-01-MoMuC-AN-USN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ドップラーセンサを利用した人認識の実現に向けた基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Basic Study on Individual Recognition Using Microwave Doppler Sensors 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 個人認識 / Idndividual Recognition  
キーワード(2)(和/英) ドップラーセンサ / Microwave Doppler Sensor  
キーワード(3)(和/英) FFT / FFT  
キーワード(4)(和/英) 特徴量 / Feature quantity  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 真島 俊亮 / Shunsuke Mashima / マシマ シュンスケ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Institute of Technology)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森野 博章 / Hiroaki Morino / モリノ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Institute of Technology)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-24 15:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 USN 
資料番号 IEICE-USN2012-60 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.406 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-USN-2013-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会