電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-24 10:50
視覚心理効果とシーンの動き情報を考慮した高効率動画像配信手法
後藤悠斗上岡英史芝浦工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,ユーザの視覚心理効果を用いた高効率動画像配信手法を提案する.具体的には,動画像コンテンツ内のシーン切り替わりを自動的に検知し,シーン毎に適切な色深度値とフレームレート値を割り当ててデータ量を削減する.これによって,ユーザの満足度を低下させることなく伝送ビットレートの軽減を図ることが可能となる.シーン切り替わりの自動検知は,隣接するフレームの差分フレームの平均濃度値を算出するという単純な方法で行う.したがって,それを基にネットワーク内の中間ノードにおいてもコンテンツのトランスコーディングを容易に実現できる.本稿では,主観評価実験を通して本提案の有効性について議論する. 
(英) This study proposes an efficient video content delivery technique using psychological effects of visual perception. Concretely, scene changes in a video content are automatically detected, and then the appropriate color depth and frame rate values are assigned to each scene for the purpose of the data reduction. This alleviates the transmission bit rate of the content without reducing the user satisfaction. The scene changes are detected by simply calculating the average image density in a deference frame between adjacent two frames. Therefore, it is possible to easily perform a transcoding for the content at an intermediate network node. In this paper, the effectiveness of the proposed technique will be discussed through subjective evaluation experiments.
キーワード (和) シーン切り替わり検知 / ユーザ満足度 / フレームレート / 視覚心理 / 動画像配信 / / /  
(英) Scene change detection / User satisfaction / Frame rate / Visual psychology / Video content delivery / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, 2013年1月.
資料番号  
発行日 2013-01-17 (MoMuC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA AN USN  
開催期間 2013-01-24 - 2013-01-25 
開催地(和) 作並温泉ゆづくしSalon 一の坊(仙台市) 
開催地(英) ICHINOBO (Sendai-city) 
テーマ(和) モバイルユビキタス/センサ技術, アドホックネットワーク, RFID, 一般および技術展示 
テーマ(英) Mobile ubiquitous/Sensor technology, Ad hoc network, RFID, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2013-01-MoMuC-AN-USN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視覚心理効果とシーンの動き情報を考慮した高効率動画像配信手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Efficient Video Content Delivery Considering Visual Psychology Effects and Motion Information in a Scene 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シーン切り替わり検知 / Scene change detection  
キーワード(2)(和/英) ユーザ満足度 / User satisfaction  
キーワード(3)(和/英) フレームレート / Frame rate  
キーワード(4)(和/英) 視覚心理 / Visual psychology  
キーワード(5)(和/英) 動画像配信 / Video content delivery  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 悠斗 / Yuto Goto / ゴトウ ユウト
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上岡 英史 / Eiji Kamioka / カミオカ エイジ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-24 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoMuC2012-44 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.404 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoMuC-2013-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会