電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-24 13:00
隣接素子間減結合によるMIMOチャネル容量の改善効果
八巻直也本間尚樹岩手大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 周波数帯域を広げずに高速伝送を実現するMIMO (Multiple-Input Multiple-Output) 技術が注目されている.しかし,複数のアンテナ素子が近接して配置される場合は,アンテナ素子間の相互結合による放射効率の低下や,空間相関の上昇により通信容量が低下するという問題がある.相互結合を低減する手段として減結合回路が有効であり,著者らはリニアアレーアンテナの隣接素子間の相互結合を抑制する簡易減結合回路を提案している.本報告では,隣接素子間減結合のアンテナ特性への影響,及びMIMOチャネル容量の改善効果を数値計算により明らかにする.また,簡易減結合回路に整合回路を付加した簡単な回路構成で信号対雑音比の改善効果が得られ,チャネル容量を改善できることを示す. 
(英) MIMO (Multiple-Input Multiple-Output) systems, which provide the high speed data transmission without expansion of frequency band, have been pursued. However, reduction of the radiation efficiency due to mutual coupling and high spatial correlation degrade the transmission rate if the antenna elements are closely arranged. Decoupling network is an effective measure to reduce such a mutual coupling. Authors have proposed a simple decoupling network which decouples only adjacent elements for linear array antenna. In this report, the impact of decoupling adjacent antennas on antenna characteristics and MIMO channel capacity is evaluated based on a numerical calculation. It is also explained that the simple circuit configuration with the simple decoupling network comprising matching circuit can improve the signal-to-noise ratio and channel capacity.
キーワード (和) 相互結合 / 減結合回路 / MIMO / チャネル容量 / / / /  
(英) Mutual coupling / decoupling network / MIMO / channel capacity / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 384, AP2012-140, pp. 99-104, 2013年1月.
資料番号 AP2012-140 
発行日 2013-01-16 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2013-01-23 - 2013-01-25 
開催地(和) ホテルメリージュ(宮崎市) 
開催地(英) Hotel Merieges (Miyazaki City) 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英) Antennas and Progation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2013-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 隣接素子間減結合によるMIMOチャネル容量の改善効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Impact of decoupling adjacent antennas on MIMO channel capacity 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 相互結合 / Mutual coupling  
キーワード(2)(和/英) 減結合回路 / decoupling network  
キーワード(3)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(4)(和/英) チャネル容量 / channel capacity  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 八巻 直也 / Naoya Yamaki / ヤマキ ナオヤ
第1著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 本間 尚樹 / Naoki Honma / ホンマ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-24 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2012-140 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.384 
ページ範囲 pp.99-104 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2013-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会