電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-24 15:00
マルチホップ通信による無線LAN高速化の実験的評価
中川 翔西田昇平小寺志保杉山佑介猿渡俊介渡辺 尚静岡大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 電波における距離と減衰の関係からシングルホップ通信とマルチホップ通信を比較すると,マルチホップ通信のほうが1 ホップあたりの電波の減衰が少なくなるため,高いスループットを得られる可能性がある.一方で,マルチホップ通信では,パケット中継時のオーバヘッドが生じる.本稿では,シングルホップ通信とマルチホップ通信のスループットを実機実験により比較検証する.実験環境として,802.11b/g/n とOLSR(Optimized Link State Routing)プロトコルを用いて,静岡大学浜松キャンパス内の建物に複数のノートPC から成るアドホックネットワークを構築した.構築した環境において,Netperf を用いてTCP (Transmission Control Protocol) における異なるホップ数でのスループットを比較した.その結果,シングルホップ通信よりもマルチホップ通信の方がスループットが大きくなる場合があることが確認された. 
(英) The throughput of radio communication depends on the attenuation between nodes. For the same distance
communication between a source and a destination, multi-hop communication has a shorter distance between
adjacent nodes and thus the low attenuation at each hop. Because of this, multi-hop communication may achieve higher throughput than single-hop communication. This paper evaluates the throughput of single-hop and multi-hop communication by some experiments. We build a multi-hop network with multiple laptops using 802.11b/g/n and Optimized Link State Routing (OLSR). We measure the throughput of the Transmission Control Protocol
(TCP) for different numbers of hops by the Netperf benchmark in a campus of Shizuoka University. As a result, we confirmed that in some cases multi-hop communication achieves higher throughput than single-hop communication.
キーワード (和) マルチホップ通信 / 無線LAN / 実機評価 / スループット / アドホックネットワーク / / /  
(英) Multi-hop Networks / Wireless LAN / Empirical Study / Throughput / Ad-hoc Networks / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 405, AN2012-53, pp. 51-56, 2013年1月.
資料番号 AN2012-53 
発行日 2013-01-17 (AN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA AN USN  
開催期間 2013-01-24 - 2013-01-25 
開催地(和) 作並温泉ゆづくしSalon 一の坊(仙台市) 
開催地(英) ICHINOBO (Sendai-city) 
テーマ(和) モバイルユビキタス/センサ技術, アドホックネットワーク, RFID, 一般および技術展示 
テーマ(英) Mobile ubiquitous/Sensor technology, Ad hoc network, RFID, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AN 
会議コード 2013-01-MoMuC-AN-USN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチホップ通信による無線LAN高速化の実験的評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Empirical Study on Throughput of a Wireless Network using Multi-hop Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチホップ通信 / Multi-hop Networks  
キーワード(2)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(3)(和/英) 実機評価 / Empirical Study  
キーワード(4)(和/英) スループット / Throughput  
キーワード(5)(和/英) アドホックネットワーク / Ad-hoc Networks  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 翔 / Sho Nakagawa / ナカガワ ショウ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西田 昇平 / Shohei Nishida / ニシダ ショウヘイ
第2著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小寺 志保 / Shiho Kodera / コデラ シホ
第3著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 佑介 / Yusuke Sugiyama / スギヤマ ユウスケ
第4著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 猿渡 俊介 / Shunsuke Saruwatari / ワタナベ タサルワタリ シュンスケカシ
第5著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 尚 / Takashi Watanabe / ワタナベ タカシ
第6著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-24 15:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AN 
資料番号 IEICE-AN2012-53 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.405 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AN-2013-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会