電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-24 13:10
[招待講演]実世界イベントで活躍するウェアラブル・ユビキタスシステム
寺田 努神戸大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 筆者らの研究グループでは,多種の装着型センサやアクチュエータを用いたウェアラブルシステムや,環境内に埋め込む小型のコンピュータを活用したユビキタスシステムを多数開発してきた.特に,実際に一般ユーザが参加するイベントでのシステム利用や,プロフェッショナルなパフォーマやミュージシャンが使用するシステム提供など,研究室内に閉じずに実用に耐えうるシステムを多数開発してきた.ウェアラブルシステムの例としては,鈴鹿8耐サポートシステム,障害者向け公園ナビゲーションシステム,ユニット型楽器の作成,病院内での看護師位置測定,ダンス楽器システム,プロジェクタパフォーマンスシステム,司会進行支援システム,LEDダンスシステム,ライフログシステム,DJシステム,人間の車化システム,着ぐるみ装着者支援システム,叩打識別機能付ドラムスティックなどがある.ユビキタスシステムの例としては,家電制御小型デバイス,光入出力デバイスを用いた電飾アートシステム,絵楽器システム,状況依存募金箱などを提案している.また,大規模イベントでのシステム利用の例として,主催者の意図を反映できるスタンプラリーシステムがる.さらに,このような実世界イベントでの利用を支える基盤技術として,ウェアラブルシステムのプラットフォーム開発,センサ管理デバイスの設計,システム低消費電力化,認識の高度化等を行ってきた.本講演では,これらのシステムの技術的側面を解説するとともに,最近取り組んでいるウェアラブル情報提示に関する話題や,10月,11月に行った大規模ナビゲーションシステムについても説明する. 
(英) Our research group established various wearable systems with wearable sensors/actuators and ubiquitous systems with compact I/O control devices. Especially, we focus on the actual use of the implemented systems on various entertainment events and professional activities. For example of the proposed wearable systems, there are motorbike race support system, park navigation system for impaired person, unit musical instruments, position detection system for nurse, wearable dancing musical instruments, projector performance support system, wearable MC system, LED dance system, life-log system, wearable DJ system, pedestrian behavior visualizing system, performer support system in a stuffed suit, and context-aware drum sticks. As ubiquitous systems, there are compact I/O control device for home appliances, LED and light sensor module for LED arts, painted musical instruments, and context-aware donation boxes. Moreover, we implemented a walk-rally system for large scale events. As techniques to improve the system quality and dependability, we implemented a software platform for wearable computing, hardware platform, mechanism for low power consumption, and algorithm for complicated motion recognition. In this talk, we show these systems from technical aspect, and also show some topics of wearable information presentation.
キーワード (和) ウェアラブルコンピューティング / ユビキタスコンピューティング / パフォーマンス / / / / /  
(英) Wearable computing / ubiquitous computing / performance / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 406, USN2012-56, pp. 1-2, 2013年1月.
資料番号 USN2012-56 
発行日 2013-01-17 (MoMuC, AN, USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA AN USN  
開催期間 2013-01-24 - 2013-01-25 
開催地(和) 作並温泉ゆづくしSalon 一の坊(仙台市) 
開催地(英) ICHINOBO (Sendai-city) 
テーマ(和) モバイルユビキタス/センサ技術, アドホックネットワーク, RFID, 一般および技術展示 
テーマ(英) Mobile ubiquitous/Sensor technology, Ad hoc network, RFID, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 USN 
会議コード 2013-01-MoMuC-AN-USN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 実世界イベントで活躍するウェアラブル・ユビキタスシステム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Wearable/Ubiquitous Systems for Real-world Events 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ウェアラブルコンピューティング / Wearable computing  
キーワード(2)(和/英) ユビキタスコンピューティング / ubiquitous computing  
キーワード(3)(和/英) パフォーマンス / performance  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺田 努 / Tsutomu Terada /
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-24 13:10:00 
発表時間 40 
申込先研究会 USN 
資料番号 IEICE-MoMuC2012-47,IEICE-AN2012-52,IEICE-USN2012-56 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.404(MoMuC), no.405(AN), no.406(USN) 
ページ範囲 pp.43-44(MoMuC), pp.49-50(AN), pp.1-2(USN) 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-MoMuC-2013-01-17,IEICE-AN-2013-01-17,IEICE-USN-2013-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会