電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-24 09:25
スマートフォンを用いた駅ホームにおける混雑推定の一検討
前川勇樹境 裕樹内山 彰山口弘純東野輝夫阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告では,スマートフォンに搭載されたセンサを活用し,駅のプラットフォームにおいて形成された乗
車待ちの行列といった混雑領域を推定する手法を提案する.提案手法では,歩行者は混雑領域がある場合に迂回したり,やむを得ず混雑領域を通行する際には移動速度が低下するという特徴に着目し,一部の歩行者が保持するスマートフォンに搭載された加速度センサやコンパスから,そのような行動をPedestrian Dead Reckoning 技術によって認識することで混雑領域を検出する.大阪駅を想定したモビリティモデルに基づきプラットフォームにおけるシミュレーション実験を行い提案手法を評価した.その結果,乗車待ち列の混雑推定結果に基づき,20%の端末がシステムに参加する状況で,車両単位での混雑/非混雑状況を約24 秒の遅延で推定できることが分かった. 
(英) We study an estimation method for crowd detection on a railway platform. Since it is commonly observed that passengers detour crowded areas or decrease walking speeds in a people crowd, we detect these behavior by pedestrian dead reckoning using smartphones and identify the congestion locations. We have conducted several experiments based on a mobility model representing pedestrian behavior on a platform. The results have shown that the proposed method estimates crowded cars with approximately 24 seconds delay when 20% of pedestrians join the system.
キーワード (和) 混雑推定 / 自律航法 / 駅プラットフォーム / / / / /  
(英) Crowd Estimation / Pedestrian Dead Reckoning / Railway Platform / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, 2013年1月.
資料番号  
発行日 2013-01-17 (MoMuC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA AN USN  
開催期間 2013-01-24 - 2013-01-25 
開催地(和) 作並温泉ゆづくしSalon 一の坊(仙台市) 
開催地(英) ICHINOBO (Sendai-city) 
テーマ(和) モバイルユビキタス/センサ技術, アドホックネットワーク, RFID, 一般および技術展示 
テーマ(英) Mobile ubiquitous/Sensor technology, Ad hoc network, RFID, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2013-01-MoMuC-AN-USN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スマートフォンを用いた駅ホームにおける混雑推定の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Crowd Estimation on Railway Platform Using Smartphones 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 混雑推定 / Crowd Estimation  
キーワード(2)(和/英) 自律航法 / Pedestrian Dead Reckoning  
キーワード(3)(和/英) 駅プラットフォーム / Railway Platform  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前川 勇樹 / Yuki Maekawa / マエカワ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 境 裕樹 / Yuki Sakai / サカイ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 内山 彰 / Akira Uchiyama / ウチヤマ アキラ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 弘純 / Hirozumi Yamaguchi / ヤマグチ ヒロズミ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 東野 輝夫 / Teruo Higashino / ヒガシノ テルオ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-24 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoMuC2012-41 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.404 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoMuC-2013-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会