電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-24 14:00
動的通信品質を考慮したエンド側でのアプリケーション制御による無効トラヒックの削減
本村耕太新熊亮一高橋達郎京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,携帯電話の主流は従来のフィーチャーフォンからiPhoneやAndroid端末に代表されるスマートフォンに移行してきている.スマートフォンはフィーチャーフォンに比べ数倍のトラヒックを発生させるため,スマートフォンの普及に伴い移動体通信トラヒックが急増している.また,トラヒックの急増を一因とする通信障害が通信事業各社で発生した.通信事業各社は通信設備の増強や,固定通信網へのデータオフロードなど対策を講じているが,トラヒックを削減する新たなアプローチが求められている.一方,ユーザに対して携帯端末の通信品質を通知する方法としてアンテナアイコンが用いられてきた.ユーザはアンテナアイコンの表示が良好であればどのアプリケーションも使用できると判断する.しかし,実際に必要となる通信速度はアプリケーションごとに異なる.通信速度が十分でなければ,ユーザはアプリケーションの応答を待つなどの時間を要することになってしまう.本稿では,これらの問題を解決する手法として,携帯端末の通信品質,具体的には実効通信速度を考慮して,ユーザが使用できるアプリケーションをレコメンドするレコメンドシステムを提案する.ユーザがレコメンドに従いアプリケーションを使用することで,過剰に発生するトラヒックとユーザの待ち時間を削減する.また,シミュレーションにより提案するレコメンドシステムの有用性を評価する. 
(英) 近年,携帯電話の主流は従来のフィーチャーフォンからiPhoneやAndroid端末に代表されるスマートフォンに移行してきている.スマートフォンはフィーチャーフォンに比べ数倍のトラヒックを発生させるため,スマートフォンの普及に伴い移動体通信トラヒックが急増している.また,トラヒックの急増を一因とする通信障害が通信事業各社で発生した.通信事業各社は通信設備の増強や,固定通信網へのデータオフロードなど対策を講じているが,トラヒックを削減する新たなアプローチが求められている.一方,ユーザに対して携帯端末の通信品質を通知する方法としてアンテナアイコンが用いられてきた.ユーザはアンテナアイコンの表示が良好であればどのアプリケーションも使用できると判断する.しかし,実際に必要となる通信速度はアプリケーションごとに異なる.通信速度が十分でなければ,ユーザはアプリケーションの応答を待つなどの時間を要することになってしまう.本稿では,これらの問題を解決する手法として,携帯端末の通信品質,具体的には実効通信速度を考慮して,ユーザが使用できるアプリケーションをレコメンドするレコメンドシステムを提案する.ユーザがレコメンドに従いアプリケーションを使用することで,過剰に発生するトラヒックとユーザの待ち時間を削減する.また,シミュレーションにより提案するレコメンドシステムの有用性を評価する.
キーワード (和) スマートフォン / アプリケーション制御 / 通信品質 / トラヒック削減 / / / /  
(英) Smart Phone / Application Control / Communication Environment / Reduction of Traffic / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, 2013年1月.
資料番号  
発行日 2013-01-17 (MoMuC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA AN USN  
開催期間 2013-01-24 - 2013-01-25 
開催地(和) 作並温泉ゆづくしSalon 一の坊(仙台市) 
開催地(英) ICHINOBO (Sendai-city) 
テーマ(和) モバイルユビキタス/センサ技術, アドホックネットワーク, RFID, 一般および技術展示 
テーマ(英) Mobile ubiquitous/Sensor technology, Ad hoc network, RFID, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2013-01-MoMuC-AN-USN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 動的通信品質を考慮したエンド側でのアプリケーション制御による無効トラヒックの削減 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) End-point Application Control for Reduction of `Ineffective' Traffic in Dynamic Communication Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スマートフォン / Smart Phone  
キーワード(2)(和/英) アプリケーション制御 / Application Control  
キーワード(3)(和/英) 通信品質 / Communication Environment  
キーワード(4)(和/英) トラヒック削減 / Reduction of Traffic  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 本村 耕太 / Kota Motomura / モトムラ コウタ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新熊 亮一 / Ryoichi Shinkuma / シンクマ リョウイチ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 達郎 / Tatsuro Takahashi / タカハシ タツロウ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-24 14:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoMuC2012-48 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.404 
ページ範囲 pp.45-48 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MoMuC-2013-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会