電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-24 16:10
端末間情報共有のためのネットワーク内キャッシュ管理・情報配信手法
大和田泰伯井上真杉原井洋明NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,地域におけるローカルな情報流通を支援するための情報蓄積・配信機能を有するメッシュ型アクセスプラットフォームと,その機能を活用した端末間データベース同期プロトコルの検討を行った.また,建物等の影響を考慮した電波伝搬モデルを利用し,端末 100 台が基地局 16 台のサービスエリアとサービスエリア外を移動する環境下において,提案プロトコルが正しく動作し,確実に全端末で情報共有が行える事を確認した.更に,基地局の一部を停止し,基地局間のネットワークが2つに分断した環境下において,情報共有を行った際にも,人が移動し情報を運搬することで,全端末で確実に情報共有が行われる事を確認した.開発したシミュレーション環境を用いる事で,提案プロトコルを用いた際の,人数,レコードサイズ,更新頻度,行動パタンにより,情報が共有されるまでの時間,また基地局内キャッシュの占有時間,占有量を見積る事ができることが示せた. 
(英) In this paper, we studied terminal application database synchronization scheme with the support of information caching and distribution features of a regional mesh wireless access network platform. We implemented this protocol and evaluated by the network simulator with the wireless propagation model, which considering shadowing and diffraction effect of the buildings. Wireless service area and dead spot area co-exist in this scenario. We confirmed that, application database synchronization among 100 terminals could be achieved in 16 base stations grid toporogy scenario. In addition, we removed 3 base stations from the previous scenario and created two network segments in the regional mesh access network backbone, and confirmed that the terminal synchronization could be achieved in this scenario. From this simulation, we can estimate how much time is required for the terminal DB synchronization or how much memory will be consumed in the base stations by defining the mobility model, number of terminals, record size, and DB update intervals.
キーワード (和) NerveNet / DTN / ICN / 情報共有 / 安否確認 / / /  
(英) NerveNet / DTN / ICN / Information sharing / safety confirmation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 405, AN2012-54, pp. 57-62, 2013年1月.
資料番号 AN2012-54 
発行日 2013-01-17 (AN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA AN USN  
開催期間 2013-01-24 - 2013-01-25 
開催地(和) 作並温泉ゆづくしSalon 一の坊(仙台市) 
開催地(英) ICHINOBO (Sendai-city) 
テーマ(和) モバイルユビキタス/センサ技術, アドホックネットワーク, RFID, 一般および技術展示 
テーマ(英) Mobile ubiquitous/Sensor technology, Ad hoc network, RFID, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AN 
会議コード 2013-01-MoMuC-AN-USN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 端末間情報共有のためのネットワーク内キャッシュ管理・情報配信手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of In-network Caching Management and Information Sharing Method for Terminal Data Synchronization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) NerveNet / NerveNet  
キーワード(2)(和/英) DTN / DTN  
キーワード(3)(和/英) ICN / ICN  
キーワード(4)(和/英) 情報共有 / Information sharing  
キーワード(5)(和/英) 安否確認 / safety confirmation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大和田 泰伯 / Yasunori Owada / オオワダ ヤスノリ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 真杉 / Masugi Inoue / イノウエ マスギ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 原井 洋明 / Hiroaki Harai / ハライ ヒロアキ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-24 16:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AN 
資料番号 IEICE-AN2012-54 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.405 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AN-2013-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会