電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-24 10:50
無線LAN環境におけるピース分割とオーバヒアリングを用いた冗長トラヒック削減方式のネットワークエミュレータによる評価
新田幸司横瀬広明大坐畠 智加藤聰彦電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線 LAN において同一のコンテンツを多数の端末が同時にダウンロードすると,同じ内容が各端末に宛ててそれぞれ送信されるため冗長であり,ダウンロードの速度も低下する.本稿では,他の端末宛ての無線フレームを互いにオーバヒアリングすることで信頼性のあるコンテンツ配信を行う方式を扱う. コンテンツはピースに分割して管理し,コンテンツ配信サーバは送信宛先端末や送信ピースを決定する. 複数の端末のダウンロード開始タイミングや通信環境が異なる場合でもピースの入手速度が公平になるよう,各端末のピースの受信状況をもとに送信ピースと宛先をスケジューリングすることも可能である.本稿では,ネットワークエミュレータEMANEを用いて,評価実験を行う.エミュレーション環境に本方式を実装し,実環境とエミュレーション環境の差異を明らかにする.加えて,コンテンツ配信に参加する端末数が増加した場合の傾向を把握する. 
(英) In wireless LAN, since the bandwidth is shared with the terminals, the download speed is reduced even if the same content is downloaded. We propose a download acceleration method for content distribution by overhearing packets of the same content for other nodes in wireless LAN. Since parts of the content are obtained by the overhearing, the download time is reduced. In the proposed method, the content is divided into pieces and the server distributes them with considering download status of the receivers. The proposed method can accelerate the download speed even if terminals start downloading at different timing. In this paper, we evaluate the proposed method in network emulator, and analyzed differences between testbed and emulator. We also evaluate effects when the number of nodes is increased.
キーワード (和) 無線LAN / コンテンツ配信 / オーバヒアリング / ピース分割 / ネットワークエミュレーション / / /  
(英) Wireless LAN / Contents distribution / Overhearing / File piecing / Network emulation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 405, AN2012-49, pp. 31-36, 2013年1月.
資料番号 AN2012-49 
発行日 2013-01-17 (AN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA AN USN  
開催期間 2013-01-24 - 2013-01-25 
開催地(和) 作並温泉ゆづくしSalon 一の坊(仙台市) 
開催地(英) ICHINOBO (Sendai-city) 
テーマ(和) モバイルユビキタス/センサ技術, アドホックネットワーク, RFID, 一般および技術展示 
テーマ(英) Mobile ubiquitous/Sensor technology, Ad hoc network, RFID, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AN 
会議コード 2013-01-MoMuC-AN-USN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線LAN環境におけるピース分割とオーバヒアリングを用いた冗長トラヒック削減方式のネットワークエミュレータによる評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Network Emulation Evaluation for a Redundant Traffic Elimination Method using File Piecing and Overhearing in Wireless LAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) コンテンツ配信 / Contents distribution  
キーワード(3)(和/英) オーバヒアリング / Overhearing  
キーワード(4)(和/英) ピース分割 / File piecing  
キーワード(5)(和/英) ネットワークエミュレーション / Network emulation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新田 幸司 / Koji Nitta / ニッタ コウジ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横瀬 広明 / Hiroaki Yokose / ヨコセ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大坐畠 智 / Satoshi Ohzahata / オオザハタ サトシ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 聰彦 / Toshihiko Kato / カトウ トシヒコ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-24 10:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AN 
資料番号 IEICE-AN2012-49 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.405 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AN-2013-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会