電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-24 10:25
車車間通信環境における5.8GHz帯・700MHz帯間伝搬損失差の評価
吉田亮路岩井誠人笹岡秀一同志社大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ITS(Intelligent Transport System)の無線通信用の周波数として,これまで使用されてきた5.8GHz帯に加え, 700MHz帯が新たに割り当てられた.より低い周波数帯である700MHz帯では,回折損失の減少により,特に見通し外環境における安定したサービスエリアの確保が期待されている.本稿では,見通し外環境となる交差点越え車車間通信環境を対象として,5.8GHz帯と700MHz帯の伝搬損失差について評価する.評価の手法としては,レイトレーシングを用いた解析を行うとともに,フィールド実験で得られた実測結果を示し,レイトレーシングによる解析結果との比較を行う. 
(英) The 700MHz band is newly allocated as the radio spectrum to the wireless communications of ITS(Intelligent Transport System). In the 700MHz band, which is the lower frequency than the existing 5.8GHz band, service area can be ensured owing to the decrease of the diffraction loss, particularly in NLOS (Non Line-of-Sight) environments. In this paper, assuming a V2V (Vehicle to vehicle) communication environment over intersections where the situation is a typical NLOS environment, the propagation loss difference between the 5.8GHz and 700MHz bands is evaluated. We analyze the difference theoretically using a ray-tracing method. Furthermore, the experimental results obtained in the field experiments are shown. A comparative evaluation of these results is also discussed.
キーワード (和) ITS / 車車間通信 / レイトレーシング / 伝搬損失差 / フィールド実験 / / /  
(英) ITS / Vehicle-to-vehicle communications / Ray-tracing / Propagation loss difference / Field trial / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 384, AP2012-137, pp. 87-92, 2013年1月.
資料番号 AP2012-137 
発行日 2013-01-16 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2013-01-23 - 2013-01-25 
開催地(和) ホテルメリージュ(宮崎市) 
開催地(英) Hotel Merieges (Miyazaki City) 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英) Antennas and Progation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2013-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 車車間通信環境における5.8GHz帯・700MHz帯間伝搬損失差の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of Propagation Loss Difference between the 5.8GHz and 700MHz bands in V2V Environments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ITS / ITS  
キーワード(2)(和/英) 車車間通信 / Vehicle-to-vehicle communications  
キーワード(3)(和/英) レイトレーシング / Ray-tracing  
キーワード(4)(和/英) 伝搬損失差 / Propagation loss difference  
キーワード(5)(和/英) フィールド実験 / Field trial  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 亮路 / Ryoji Yoshida / ヨシダ リョウジ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 誠人 / Hisato Iwai / イワイ ヒサト
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹岡 秀一 / Hideichi Sasaoka / ササオカ ヒデイチ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-24 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2012-137 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.384 
ページ範囲 pp.87-92 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2013-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会