電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-23 16:40
防災用ヘルメットアンテナに関する検討
中尾拓磨伊藤 敦鍵山憲幸森下 久防衛大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 現在のトランシーバタイプの防災無線機(150 MHz帯)では,実用上片手が塞がれ,行動に大きな制約が生じる.そこで既に普及している防災用ヘルメット上に送受信器,アンテナ及びヘッドホンマイクを取り付けた構成を提案する.なかでも,使用波長が2 mになるため,その波長で動作するアンテナをヘルメット上の限られたスペースに構成することは難しい.そこで,広帯域特性を有し,現有の防災用ヘルメットに簡単に装着できる折返しダイポールアンテナに着目し,その基本特性について解析する.また,人体頭部近傍にアンテナを配置することから,携帯電話の安全性評価と同様に安心・安全面を配慮し,人体頭部モデルを用いて頭部方向への放射の抑制についても検討する.その結果,防災用ヘルメットの限られた領域内で低周波化させる手法を確立した.また,半球の内側に軽量で簡単に構成した導体板を装荷することで,頭部方向への電波が抑制されていることを確認した. 
(英) When we use a radio transceiver for a disaster (150 MHz band), one hand is detained by a talk so far. In fact, there are major restrictions of rescue operations in such a case. Therefore, we propose the structure that a transceiver, antenna and microphone are mounted on the helmet for disaster prevention which has already been served. In particular, since the wavelength is 2 m for 150 MHz, it is difficult to configure the antenna on the limited space of the helmet. Thus, we focus a folded dipole antenna that has the wideband characteristic and can be easily installed on the helmet, and fundamental characteristic is analyzed. Moreover, since the antenna is placed in the vicinity of the human head, we consider the restraint of radiation to the head direction using the human head model. As a result, we have established the method to lower the resonant frequency in the limited space of the helmet. Moreover, by loading the conductor plate inside of the helmet, we have confirmed that the radio wave toward the head is restricted.
キーワード (和) 折返しダイポールアンテナ / 防災用ヘルメットアンテナ / 低周波化 / 放射の抑制 / / / /  
(英) Folded dipole antenna / Helmet for disaster prevention / lower the resonant frequency / Restraint of radiation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 384, AP2012-134, pp. 69-74, 2013年1月.
資料番号 AP2012-134 
発行日 2013-01-16 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2013-01-23 - 2013-01-25 
開催地(和) ホテルメリージュ(宮崎市) 
開催地(英) Hotel Merieges (Miyazaki City) 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英) Antennas and Progation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2013-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 防災用ヘルメットアンテナに関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on the Helmet Antenna for Disaster 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 折返しダイポールアンテナ / Folded dipole antenna  
キーワード(2)(和/英) 防災用ヘルメットアンテナ / Helmet for disaster prevention  
キーワード(3)(和/英) 低周波化 / lower the resonant frequency  
キーワード(4)(和/英) 放射の抑制 / Restraint of radiation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 拓磨 / Takuma Nakao / ナカオ タクマ
第1著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: National Defense Academy)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 敦 / Tsutomu Ito / カギヤマ ノリユキ
第2著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: National Defense Academy)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鍵山 憲幸 / Noriyuki Kagiyama / モリシタ ヒサシ
第3著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: National Defense Academy)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森下 久 / Hisashi Morishita /
第4著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: National Defense Academy)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-23 16:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2012-134 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.384 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2013-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会