電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-23 11:00
共振構造を有する同一チャネル全二重無線通信向け平面アンテナのアイソレーション特性
岩元 啓鈴木 誠長谷良裕森川博之東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 同一チャネル全二重無線通信によって無線通信における帯域利用効率を飛躍的に高めることが期待できる.同一チャネル全二重無線通信を実現するためには,送受信間の高いアイソレーションと水平面無指向性を有するアナログでの干渉除去技術が必要となる.筆者らは,同一線上に配置した2本のダイポールアンテナの間に共振構造を配置することでこの2つの性能を実現する同一チャネル全二重無線通信向け平面アンテナについて検討を進めている.本稿では,本共振構造について検討し,シミュレーション評価により,2.4GHz帯において-60dB以下の伝達効率と-20dB以下の反射係数,水平面での無指向性が実現できることを示す. 
(英) Single channel full-duplex wireless communication increases the efficiency of the bandwidth utilization. Single channel full-duplex wireless communication can be achieved by reducing the self-interference at the receive antenna from the transmit antenna to the background noise level. We are working on developing a planar antenna that has omni-directional pattern in horizontal plane andd can reduce self-interference. We confirm that the isolation between transmit antenna and receive antenna is more than 60dB in 2.4GHz band and the radiation pattern is omni-directional in the horizontal plane.
キーワード (和) 同一チャネル全二重無線通信 / 無指向性アンテナ / 高アイソレーション / / / / /  
(英) Single channel full-duplex wireless communication / omni-directional / high-isolation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 384, AP2012-124, pp. 13-18, 2013年1月.
資料番号 AP2012-124 
発行日 2013-01-16 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2013-01-23 - 2013-01-25 
開催地(和) ホテルメリージュ(宮崎市) 
開催地(英) Hotel Merieges (Miyazaki City) 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英) Antennas and Progation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2013-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 共振構造を有する同一チャネル全二重無線通信向け平面アンテナのアイソレーション特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of isolation characteristics of planer antenna having resonant structure for single channel full-duplex wireless communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 同一チャネル全二重無線通信 / Single channel full-duplex wireless communication  
キーワード(2)(和/英) 無指向性アンテナ / omni-directional  
キーワード(3)(和/英) 高アイソレーション / high-isolation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩元 啓 / Kei Iwamoto / イワモト ケイ
第1著者 所属(和/英) 東京大学先端研 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 誠 / Makoto Suzuki / スズキ マコト
第2著者 所属(和/英) 東京大学先端研 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷 良裕 / Yoshihiro Hase / ハセ ヨシヒロ
第3著者 所属(和/英) 東京大学先端研 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森川 博之 / Hiroyuki Morikawa / モリカワ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 東京大学先端研 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-23 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2012-124 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.384 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2013-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会