電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-23 16:15
円形パッチアンテナの特性改善に関する検討
山路翔太藤垣輝也塩川孝泰東北学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,携帯電話で代表される無線通信サービスの普及には眼を見張るものがあり,その中で用いられるアンテナは端末機器の小型化に伴い,一層の小型・薄型化が求められている.このような背景の基,本稿では一般的な円形パッチアンテナの上に円形金属板を平行に配置することにより,アンテナ利得の向上が期待できる新しいタイプのアンテナを提案する.従来研究よりおよそλ/4~λ/2程度に金属板を配置することで広帯域化や高利得化が期待できるが,本稿では円形金属板を従来以上にかなり密に円形パッチアンテナに配置することで利得の向上が図れることを解析,実験の両面から明らかにする.また同アンテナの円偏波化についての検討も行う. 
(英) This paper is related to the improvement of the gain of circular patch antenna. Here, we propose a new type of a thin layer antenna which is composed of a general circular patch antenna (CPA) and a circular metallic disk slightly bigger compared to CPA. Those are placed parallel and concentrically each other with a very small space. As the results, in spite of small space, this antenna has higher gain compared to general CPA by about 2dBi.
キーワード (和) 円形パッチアンテナ / 円形金属板 / 導体損 / 薄型化 / 高利得化 / / /  
(英) Circular Patch Antenna / Circular Metallic Disk / Conductor Loss / Gain Improvement / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 384, AP2012-133, pp. 63-68, 2013年1月.
資料番号 AP2012-133 
発行日 2013-01-16 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2013-01-23 - 2013-01-25 
開催地(和) ホテルメリージュ(宮崎市) 
開催地(英) Hotel Merieges (Miyazaki City) 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英) Antennas and Progation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2013-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 円形パッチアンテナの特性改善に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Considerations on the Improvement of the Performance Characteristics for Circular Patch Antenna 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 円形パッチアンテナ / Circular Patch Antenna  
キーワード(2)(和/英) 円形金属板 / Circular Metallic Disk  
キーワード(3)(和/英) 導体損 / Conductor Loss  
キーワード(4)(和/英) 薄型化 / Gain Improvement  
キーワード(5)(和/英) 高利得化 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山路 翔太 / Shota Yamaji / ヤマジ ショウタ
第1著者 所属(和/英) 東北学院大学大学院 (略称: 東北学院大)
Tohoku Gakuin University Graduate school (略称: Tohoku Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤垣 輝也 / Teruya Fujigaki / フジガキ テルヤ
第2著者 所属(和/英) 東北学院大学 (略称: 東北学院大)
Tohoku Gakuin University (略称: Tohoku Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩川 孝泰 / Takayasu Shiokawa / シオカワ タカヤス
第3著者 所属(和/英) 東北学院大学 (略称: 東北学院大)
Tohoku Gakuin University (略称: Tohoku Gakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-23 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2012-133 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.384 
ページ範囲 pp.63-68 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2013-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会