電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-09-20 14:30
量子波干渉系の古典粒子モデルに関する基礎的研究
永田啓介藤坂尚登神尾武司生岩量久広島市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 異なった経路を伝搬する波の干渉や入射波・反射波間干渉が生じる量子粒子系を確率的に振るまう古典粒子系として集中定数モデル化して数値実験を行った.モデル化された古典粒子の軌跡から得られた粒子の存在確率密度関数はシュレーディンガーの波動力学が予想する結果とほぼ一致し,波動系と粒子系の対応が認められたので報告
する. 
(英) This manuscript reports a procedure and numerical simulation results of classical particle modeling of quantum interference phenomena. By applying Nelson’s stochastic quantization to some quantum interference phenomena, we obtain classical particle models on which random force acts. We confirmed by numerical simulation that the stochastic process has the same probability density function with that determined by wave functions of the Schr¨odinger equation describing the wave interference system. As a result, we found that the quantum effect devices based on quantum interference phenomenon would be modeled by an easier lumped parameter system than a distributed parameter system.
キーワード (和) 量子波干渉現象 / ネルソンの確率過程量子化 / / / / / /  
(英) quantum wave interference phenomena / Nelson's stochastic quantization / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 205, NLP2012-60, pp. 25-29, 2012年9月.
資料番号 NLP2012-60 
発行日 2012-09-13 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP CAS  
開催期間 2012-09-20 - 2012-09-21 
開催地(和) 高知県立大学 永国寺キャンパス 
開催地(英) Eikokuji Campus, University of Kochi 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2012-09-NLP-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 量子波干渉系の古典粒子モデルに関する基礎的研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Primary Study on Classical Particle Modeling of Electron-Wave Interference Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子波干渉現象 / quantum wave interference phenomena  
キーワード(2)(和/英) ネルソンの確率過程量子化 / Nelson's stochastic quantization  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 永田 啓介 / Keisuke Nagata / ナガタ ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤坂 尚登 / Hisato Fujisaka / フジサカ ヒサト
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 神尾 武司 / Takeshi Kamio / カミオ タケシ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 生岩 量久 / Kazuhisa Haeiwa / ハエイワ カズヒサ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-09-20 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-CAS2012-34,IEICE-NLP2012-60 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.204(CAS), no.205(NLP) 
ページ範囲 pp.25-29 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CAS-2012-09-13,IEICE-NLP-2012-09-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会