電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-09-20 14:55
3つのスパイキングニューロンによるパルス結合系の基本ダイナミクス
柴田 翔松岡祐介米子高専
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では3つのスパイキングニューロンの結合系について提案をする。ニューロンの状態は積分-発火のダイナミクスをくり返しスパイク列を出力する。単体のニューロンでは分岐現象を呈して、さまざまな周期やカオス的なスパイク列を出力することができる。我々は3つのニューロンのリング結合系を考える。あるニューロンがスパイクを出力した時、他のニューロンが入力として受けつけ、強制的に発火する。パラメータを変化させると、結合系は多彩な周期的、非周期的な現象を呈する。数値実験を用いて、平均発火数や強制発火率など基本的な特性を示し考察を行う。 
(英) This paper introduces a pulse-coupled system
including three spiking neuron models.
The state of the spiking neuron repeats
an integrate-and-fire dynamics and outputs the spike-train. The single neuron exhibits bifurcation phenomena and can output various periodic and chaotic spike-train. We consider a ring-coupled system with three neurons. When a neuron outputs the spike, other neuron accepts as the input and is fired compulsorily. As the parameter varies, a ring-coupled system can exhibit various periodic and non-periodic phenomena. Using numerical simulations for this system, we show and consider basic characteristics, such as average firing number and compulsory firing ratio and so on.
キーワード (和) スパイキングニューロンモデル / パルス結合系 / スパイク列 / 発火率 / / / /  
(英) Spiking neuron model / Pulse-coupled system / Spike-train / Firing ratio / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 205, NLP2012-61, pp. 31-36, 2012年9月.
資料番号 NLP2012-61 
発行日 2012-09-13 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP CAS  
開催期間 2012-09-20 - 2012-09-21 
開催地(和) 高知県立大学 永国寺キャンパス 
開催地(英) Eikokuji Campus, University of Kochi 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2012-09-NLP-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3つのスパイキングニューロンによるパルス結合系の基本ダイナミクス 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Basic dynamics of a pulse-coupled system with three spiking neurons 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スパイキングニューロンモデル / Spiking neuron model  
キーワード(2)(和/英) パルス結合系 / Pulse-coupled system  
キーワード(3)(和/英) スパイク列 / Spike-train  
キーワード(4)(和/英) 発火率 / Firing ratio  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 翔 / Sho Shibata / シバタ ショウ
第1著者 所属(和/英) 米子工業高等専門学校 (略称: 米子高専)
Yonago National Callge of Technology (略称: YNCT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松岡 祐介 / Yusuke Matsuoka / マツオカ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 米子工業高等専門学校 (略称: 米子高専)
Yonago National College of Technology (略称: YNCT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-09-20 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-CAS2012-35,IEICE-NLP2012-61 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.204(CAS), no.205(NLP) 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2012-09-13,IEICE-NLP-2012-09-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会