電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-05-25 10:55
異なるチルト角を実現可能な周波数共用基地局アンテナ用右手/左手系複合移相器
道下尚文北原裕久山田吉英防衛大)・長 敬三千葉工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 現在の周波数共用基地局アンテナでは,ビームチルトをケーブル長で設定しているため,チルト角は周波数に依存しない.本報告では,各周波数帯でチルト角が異なるようにするために,右手/左手系複合伝送線路の分散特性を利用した移相器を提案する.線路上部に配置するパッチ位置を変えることで,分散特性が変化し,各周波数で異なる移相量が得られることを測定により明らかにした. 
(英) In the conventional multi-frequency base station antenna, the beam tilting angle becomes frequency-independent due to be accomplished by designing the feeding cable length of the conventional phase shifter. The tunable phase shifter that can vary the beam tilting angle in the multi-frequency band composed of composite right/left-handed transmission line is proposed in this letter. The different phase shifts at each frequency is investigated due to the variable dispersion characteristics when the location of the additional patch over the transmission line is varied.
キーワード (和) 移相器 / アンテナアレー / 放射パターン / 干渉抑圧 / / / /  
(英) Phase Shifters / Antenna Arrays / Antenna Radiation Patterns / Interference Suppression / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 53, AP2012-22, pp. 61-64, 2012年5月.
資料番号 AP2012-22 
発行日 2012-05-17 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2012-05-24 - 2012-05-25 
開催地(和) アクロス福岡 
開催地(英) ACROS Fukuoka 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2012-05-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 異なるチルト角を実現可能な周波数共用基地局アンテナ用右手/左手系複合移相器 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Composite Right/Left-Handed Phase Shifter for Realizing Different Beam Tilting Angle in Dual Frequency Base Station Antenna 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 移相器 / Phase Shifters  
キーワード(2)(和/英) アンテナアレー / Antenna Arrays  
キーワード(3)(和/英) 放射パターン / Antenna Radiation Patterns  
キーワード(4)(和/英) 干渉抑圧 / Interference Suppression  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 道下 尚文 / Naobumi Michishita / ミチシタ ナオブミ
第1著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: National Defense Academy)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北原 裕久 / Hirohisa Kitahara / キタハラ ヒロヒサ
第2著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: National Defense Academy)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 吉英 / Yoshihide Yamada / ヤマダ ヨシヒデ
第3著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: National Defense Academy)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長 敬三 / Keizo Cho / チョウ ケイゾウ
第4著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: Chiba Institute of Technology)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-05-25 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2012-22 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.53 
ページ範囲 pp.61-64 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2012-05-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会