電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-05-24 13:50
部屋体積依存性を考慮した人体近傍UWBチャネルの統計的モデル
広瀬 幸山本浩延小祝将人小林岳彦東京電機大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 人体近傍UWBマルチパスチャネルの新たな統計的モデル化を開発した.5種類の異なる周辺環境において測定した遅延プロファイルは0 < 遅延時間, t < 4 ns(第1領域)では,受信電力は周辺環境に依存せず,t > 4 ns(第2領域)では周辺環境に依存することから二つの領域に分けることができる.第1領域では直接波(LOS;見通内通信)もしくはクリーピング波(NLOS;見通外通信)により構成され,電波暗室(自由空間に相当)の場合と同じ受信電力である.この領域は,先に著者等が提案した部屋体積依存性を考慮したUWB伝搬損失モデルの特殊な場合(体積無限大)として表される.一方,第2領域ではマルチパス成分が支配的であることから周辺環境に依存する.この領域のマルチパス成分がクラスタ構造をもち,かつクラスタおよびクラスタ内のレイの到着がポワソン過程に従うことが分かった.したがって,この領域は拡張Saleh-Valenzuelaモデルによって統計的に表わされる.この2つの領域のインパルス応答の和としてチャネルをモデル化した. 
(英) Statistical multipath channel modeling of on-body ultra wideband (UWB) radio channels has been presented based on measurements conducted in various rooms for wireless body area network (WBAN) applications. Previously the authors proposed an UWB propagation loss for WBAN considering the effect of room volume. A measured delay profile can be divided into two domains: in the first domain (0 < t < 4 ns) there is either direct (for line of sight) or creeping (for non line of sight) wave which is dependent on propagation distance along the perimeter of the body, but essentially unrelated to room volume; and in the second domain ( t > 4 ns) multipath components are dominant and dependent on room volume. The first domain was modeled with a special case (free space) of our previously proposed path loss model, and the second domain with a modified Saleh-Valenzuela model.
キーワード (和) WBAN / 電波伝搬 / UWB / 遅延プロファイル / Saleh-Valenzuela モデル / / /  
(英) Wireless body area network / Radio propagation / Ultra-wideband / Delay profiles / Saleh-Valenzuela model / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 53, AP2012-16, pp. 29-34, 2012年5月.
資料番号 AP2012-16 
発行日 2012-05-17 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2012-05-24 - 2012-05-25 
開催地(和) アクロス福岡 
開催地(英) ACROS Fukuoka 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2012-05-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 部屋体積依存性を考慮した人体近傍UWBチャネルの統計的モデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Statistical Modeling of Ultra-Wideband Channels between On-body Antennas Depending on Room Volume 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) WBAN / Wireless body area network  
キーワード(2)(和/英) 電波伝搬 / Radio propagation  
キーワード(3)(和/英) UWB / Ultra-wideband  
キーワード(4)(和/英) 遅延プロファイル / Delay profiles  
キーワード(5)(和/英) Saleh-Valenzuela モデル / Saleh-Valenzuela model  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 広瀬 幸 / Miyuki Hirose / ヒロセ ミユキ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 浩延 / Hironobu Yamamoto / ヤマモト ヒロノブ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小祝 将人 / Masato Koiwai / コイワイ マサト
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 岳彦 / Takehiko Kobayashi / コバヤシ タケヒコ
第4著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-05-24 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2012-16 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.53 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2012-05-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会