電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-05-24 10:55
HF帯受信アンテナへのスーパーディレクティブアレーの適用検討
谷口将一紀平一成高橋 徹小西善彦三菱電機
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 海洋レーダ等,見通し外領域までの観測を行うため,HF帯以下の周波数を用いる.このとき,波長が長くなるためアンテナ開口径が大きくなり,小型化が必要である.小型化の一つの手法として,スーパーディレクティブアレーの適用が考えられるが,実際は素子間相互結合に起因したアクティブ反射係数による反射損が大きい.本報告では,素子間相互結合を考慮し,反射損を定量的に評価し,信号対雑音電力比(SNR)との関係から,システムとしての成立性の確認を行った.その結果,反射損を考慮したSNRの劣化は小さいことを確認した.また,アンテナ開口径を拡大させずにサイドローブレベルを低減する構成を提案した.以上の検討より,HF帯受信アンテナとしてスーパーディレクティブアレーが適用できる可能性があることを確認したので報告する. 
(英) The high frequency (HF) band is frequently used in over-the-horizon observation. By using HF band, antenna aperture usually gets large, so that the downsizing of an antenna aperture is one of the challenging themes. One solution to this problem is to adopt a superdirective array antenna. However, if a superdirective array is in use, active reflection caused by mutual coupling increases, because of the dense allocation of antenna elements. This paper reports a study on a superdirective array for a HF band receive antenna. In this paper, mutual couplings are taken into account, by using the FDTD method, to quantitatively evaluate the antenna transmission factor. The simulation results show that even if the antenna transmission factor increases, SNR deterioration is still a small amount. In addition, this paper proposes the antenna configuration to reduce sidelobe levels, without enlarging an antenna aperture. From these discussions, we have confirmed that the superdirective array is capable for a HF band receive antenna.
キーワード (和) フェーズドアレーアンテナ / HF帯 / スーパーディレクティブアレー / 同心円配列 / / / /  
(英) Phased Array Antenna / HF Band / Superdirective Array / Concentric Array / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 53, AP2012-12, pp. 7-12, 2012年5月.
資料番号 AP2012-12 
発行日 2012-05-17 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2012-05-24 - 2012-05-25 
開催地(和) アクロス福岡 
開催地(英) ACROS Fukuoka 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2012-05-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) HF帯受信アンテナへのスーパーディレクティブアレーの適用検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Application of Superdirective Array as HF band Receiver Antenna 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フェーズドアレーアンテナ / Phased Array Antenna  
キーワード(2)(和/英) HF帯 / HF Band  
キーワード(3)(和/英) スーパーディレクティブアレー / Superdirective Array  
キーワード(4)(和/英) 同心円配列 / Concentric Array  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 将一 / Masakazu Taniguchi / タニグチ マサカズ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 紀平 一成 / Kazunari Kihira / キヒラ カヅナリ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 徹 / Toru Takahashi / タカハシ トオル
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小西 善彦 / Yoshihiko Konishi / コニシ ヨシヒコ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-05-24 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2012-12 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.53 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2012-05-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会