電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-04-20 09:20
確率的労働市場における求職者スコアに基づくジョブマッチング ~ 内定数格差の創発 ~
陳 鶴井上純一北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 格差とその世代をまたいだ伝播 --- 親が低所得であれば子も低所得等 ---
は近年憂慮される我が国の社会問題である. 大卒(予定)求職者にとって
最初に目の当たりにする格差とは, 就職活動の結果現れる「内定数の格差」
であろう. そこで我々は, 前回のNLP研究会 (弘前2011等\cite{Chen})で既に
報告した統計力学の概念を用いた確率的労働市場を拡張し, この問題に対して
数理的アプローチを試みる. 具体的には, 求職者に一元的観点からスコア
(成績: 例えば, GPA等)を割り振り, 定員を越えてエントリを受けた人気企業は
「ランダム」でなく, このスコアに基づき内定者を決定する. 求人倍率,
平均提出エントリシート数等, システム制御変数を変化させることで,
求職者の内定獲得数に関する大きな格差が創発しうる. つまり, 数多くの内定
を獲得する学生と, 全く内定を受けない学生が現れる. 我々はこの格差を
所得格差の評価指針であり, 社会科学で広く用いられる「ジニ係数」
(及び, その算出に用いるローレンツ曲線)を用いて定量化する.
この指標を計算機実験によって評価することで, このようなシナリオ
においては, システム制御変数の変動に対し, 内定獲得率
($=$内定数/提出エントリシート数)に関する急激な格差が
引き起こされることを示す. 
(英) Social differential in community is one of serous problems in Japan.
Sometimes such social differentials propagate from parents to their
children or even to their grandchildren. To deal with such complicated
social systems having differentials scientifically, here we will extend
our probabilistic modeling of labor markets for university graduates
(which was already given by the present authors at NLP2011 Hirosaki \cite{Chen} etc.).
`Artificial' differentials in the number of informal acceptances
for employment are induced by taking into account the student's score.
In our modeling, each company getting entry sheets over the quota
selects talented persons among the candidates according to
the student's scores such as the grade point average (GPA).
We investigate the system parameter dependance of both micro- and
macroscopic quantities and reveal the condition on which the differentials
in the number of informal decisions emerges.
We numerically find that the so-called Gini index, which is a traditional
measurement of social differentials, with respect to acceptance ratio
($\equiv$ $\#$ of informal acceptances/$\#$ of entry sheets)
rapidly grows as the average number of entry sheets increases.
This situation implies that informal acceptances in the labor market
are `monopolized' by a small limited fraction of students
with relatively high scores.
キーワード (和) 労働市場 / ジョブマッチング / 内定数格差 / 確率モデル / 非線形写像 / 統計力学 / 経済物理学 /  
(英) Labor markets / Job-matching / Differentials in the number of informal acceptances / Probabilistic model / Non-linear map / Statistical mechanics / Econophysics /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 6, NLP2012-11, pp. 55-60, 2012年4月.
資料番号 NLP2012-11 
発行日 2012-04-12 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2012-04-19 - 2012-04-20 
開催地(和) いせシティプラザ 
開催地(英) Ise City Plaza 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2012-04-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 確率的労働市場における求職者スコアに基づくジョブマッチング 
サブタイトル(和) 内定数格差の創発 
タイトル(英) Job-matching process in probabilistic labor markets with student scores 
サブタイトル(英) Emergence of differentials in the number of informal acceptances 
キーワード(1)(和/英) 労働市場 / Labor markets  
キーワード(2)(和/英) ジョブマッチング / Job-matching  
キーワード(3)(和/英) 内定数格差 / Differentials in the number of informal acceptances  
キーワード(4)(和/英) 確率モデル / Probabilistic model  
キーワード(5)(和/英) 非線形写像 / Non-linear map  
キーワード(6)(和/英) 統計力学 / Statistical mechanics  
キーワード(7)(和/英) 経済物理学 / Econophysics  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 陳 鶴 / He Chen / チン カク
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 純一 / Jun-ichi Inoue / イノウエ ジュンイチ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-04-20 09:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2012-11 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.6 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2012-04-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会