電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-26 14:30
分断されたアクセス網における自律分散型認証技術の検討
水谷昌彦楠 慶川原圭博浅見 徹東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 2011年3月11日の東日本大震災は,通信設備を含む社会基盤インフラの在り方を見直す歴史的な契機となった.被災地での迅速な状況把握は,安否確認や2次災害の回避に極めて重要である.そのためには被災地に残存するネットワーク資源を活用し,被災直後にも普段使い慣れたユーザ端末でインターネットサービスを利用できる耐障害性の高いネットワークが求められる.本稿ではNDN (Named Data Networking)にIDベース暗号化技術を適用した分散型ユーザ認証方法を検討する.冗長構成を導入しづらいアクセス網において,災害時に分断された個々のアクセス網内でのサービス継続を実現することができ,障害耐性において高い改善効果が見込まれる. 
(英) The Great East Japan Earthquake and the successive tsunami on 11 March 2011 caused an unforgettable historical tragedy that urges governments and industries to re-exam the whole concepts of social utilities including the telecom infrastructure. The fast understanding of the surrounding situation help people confirm the safety of relatives and prevent second disasters. The remaining network resources could be of use for the communication in the affected area. It may allow people to communicate via the devices and applications they are quite familiar with in their daily lives. This paper discusses the application of IBE (ID-based Encryption) to NDN (Named Data Networking) architecture as the platform for mobile communications. The deployment of distributed autonomous system could improve the fault-resilience in access networks since it provides an alternative for the redundancy-lacking current access networks.
キーワード (和) 東日本大震災 / アクセス網 / NDN / IDベース暗号 / / / /  
(英) The Great East Japan Earthquake / Access network / NDN / ID-Based Encryption / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 409, IN2011-123, pp. 17-22, 2012年1月.
資料番号 IN2011-123 
発行日 2012-01-19 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2012-01-26 - 2012-01-27 
開催地(和) 旭川ターミナルホテル 
開催地(英) Asahikawa-Terminal-Hotel 
テーマ(和) オーバーレイネットワーク,P2Pネットワーク,自律分散制御および一般 
テーマ(英) overlay networks, P2P networks, autonomous distributed networks, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2012-01-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 分断されたアクセス網における自律分散型認証技術の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of distributed autonomous authentication technology for disaster-affected access networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 東日本大震災 / The Great East Japan Earthquake  
キーワード(2)(和/英) アクセス網 / Access network  
キーワード(3)(和/英) NDN / NDN  
キーワード(4)(和/英) IDベース暗号 / ID-Based Encryption  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 水谷 昌彦 / Masahiko Mizutani / ミズタニ マサヒコ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 楠 慶 / Kei Kusunoki / クスノキ ケイ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 圭博 / Yoshihiro Kawahara / カワハラ ヨシヒロ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅見 徹 / Tohru Asami / アサミ トオル
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ of Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-26 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2011-123 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.409 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2012-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会