電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-20 11:30
社会的スキルとアイコンタクト表出の関連について ~ 非接触型アイマークレコーダによる検討 ~
村山 綾朝井阿弓美関西学院大)・福井隆雄フランス国立衛生医学研)・三浦麻子関西学院大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 本研究では、視線行動に影響を及ぼす個人特性要因として社会的スキルを、状況要因として話題の感情価と会話相手の目線を取り上げ、条件による視線量の違いについて非接触型アイマークレコーダを用いて検討した。16名の女性参加者が、画面に表示される同性の刺激人物に向かって、(1)嬉しかったこと、(2)腹のたったことについて、それぞれ1分間話した。またその際、画面の刺激人物の目線を操作し、(1)実験参加者の方を見ている条件と(2)見ていない条件を設定した。分析の結果、社会的スキルと話題の感情価の交互作用がみられ、社会的スキルが高い場合は、ポジティブな話題について話す方がネガティブな話題について話すよりも刺激人物の目周辺部、および顔全体への視線量が多くなる一方で、社会的スキルが低い場合にはこのような違いが見られないことが示された。この結果は、社会的スキルの定義である「場面に応じた適切な振る舞いをする能力」を実際の行動データで示したものといえる。 
(英) This study focused on three variables (i.e., social skills as a personality trait, and emotional valence of topics and target person’s directions of eyes as situational cues) that might influence on the amount of gaze expressed by participants at a target person, and we investigated the possibility by using an eye mark recorder. 16 female students were ask to talk about either (1) what they felt happy recently or (2) what they got upset recently for 1 minutes to a target person appeared on a monitor. The target parson’s direction of eyes was manipulated such as one gazing at a participant and the other looking at downward. The result showed a significant interaction effect between social skills and emotional valence of topics. Participants with high scores on social skills gazed at the target parson’s eyes and faces longer when talking about positive topics than talking about negative topics, while participants with low scores did not show such differences. The study provides strong evidence that social skills should be defined as “ability to behave appropriately according to the situation”.
キーワード (和) 社会的スキル / アイコンタクト / アイマークレコーダ / / / / /  
(英) social skills / eye contact / eye mark recorder / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 393, HCS2011-56, pp. 15-20, 2012年1月.
資料番号 HCS2011-56 
発行日 2012-01-13 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2012-01-20 - 2012-01-20 
開催地(和) ウインクあいち(名古屋) 
開催地(英)  
テーマ(和) コミュニケーションの心理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2012-01-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 社会的スキルとアイコンタクト表出の関連について 
サブタイトル(和) 非接触型アイマークレコーダによる検討 
タイトル(英) Social skills and eye contact 
サブタイトル(英) An examination using an eye mark recorder 
キーワード(1)(和/英) 社会的スキル / social skills  
キーワード(2)(和/英) アイコンタクト / eye contact  
キーワード(3)(和/英) アイマークレコーダ / eye mark recorder  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村山 綾 / Aya Murayama / ムラヤマ アヤ
第1著者 所属(和/英) 関西学院大学大学院 (略称: 関西学院大)
Graduate School of Kwansei Gakuin University (略称: KG)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 朝井 阿弓美 / Ayumi Asai / アサイ アユミ
第2著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: KG)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福井 隆雄 / Takao Fukui / フクイ タカオ
第3著者 所属(和/英) フランス国立衛生医学研究所 (略称: フランス国立衛生医学研)
Institut national de la sante et de la recherche medicale (略称: INSERM)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 麻子 / Asako Miura / ミウラ アサコ
第4著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: KG)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-20 11:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2011-56 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.393 
ページ範囲 pp.15-20 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2012-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会