電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-19 15:35
Ka帯およびKu帯衛星回線における降雨減衰変動時間スケールと雨域移動速度の関係について
前川泰之阪電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 1986年から2006年の間に、大阪電気通信大学(寝屋川市)において連続的に測定されたKa帯およびKu帯各種衛星電波の測定データを用いて降雨減衰の時間変動の相関時間を計算し、前線種別等の数々の降雨タイプに対する変動時間スケールの特徴について、降雨事象毎に詳しく検討を行った。京都府宇治市や滋賀県甲賀市との間でのKu帯BS電波3点観測から得られた雨域移動速度と比較した結果、雨域移動速度が速くなるにつれて概して降雨減衰の相関時間が短くなる傾向のあることが示された。降雨タイプ別に見ると、温帯低気圧による降雨に関しては、温暖前線より寒冷前線のときのほうが降雨減衰の相関時間が短く、閉塞前線のときはその間の相関時間の値を示すことが分かった。停滞前線による降雨では、停滞前線北側で発生する降雨減衰よりも停滞前線南側で発生するときのほうが、降雨減衰の相関時間が短くなる傾向があり、停滞前線が上空と通過する場合にはちょうどその中間の特性を示す特徴が得られた。 
(英) Characteristics of time scales of Ku- and Ka-band rain attenuation fluctuations were investigated for various kinds of rainfall types and rain fronts in each rainfall event, using a correlation time of the radio wave signal levels continuously received from Ku- and Ka-band satellites at Osaka Electro-Communication University (OECU; Neyagawa, Osaka) during 1986-2006. Compared with rain area motions obtained from simultaneous rain attenuation measurements conducted among OECU, Research Institute for Sustainable Humanosphere (RISH; Uji, Kyoto) and MU radar (MU; Koga, Shiga) of Kyoto University, the time scales of rain attenuation are shown to become smaller as the speed of rain area motions increases. As for rain types, the correlation times are relatively longer in the case of warm fronts than cold fronts associated with cyclones (low pressures) in the Temperate Zone. Also, the occluded fronts show intermediate correlation times. On the other hand, the correlation times are comparatively longer on the north side of stationary fronts than the south side of stationary fronts. When the stationary fronts pass over the earth station, the correlation times become values between those of the north and south sides.
キーワード (和) 衛星通信 / 降雨減衰 / Ka帯 / Ku帯 / 相関時間 / 降雨タイプ / /  
(英) Satellite Communications / Rain attenuation / Ka band / Ku band / Correlation time / Rain types / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 376, AP2011-171, pp. 141-146, 2012年1月.
資料番号 AP2011-171 
発行日 2012-01-11 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2012-01-18 - 2012-01-20 
開催地(和) 九州工業大学 
開催地(英) Kyushu Inst. of Tech. 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2012-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Ka帯およびKu帯衛星回線における降雨減衰変動時間スケールと雨域移動速度の関係について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on the relationship between time scale of rain attenuation and velocity of rain area motion in Ka- and Ku-band satellite communications links 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 衛星通信 / Satellite Communications  
キーワード(2)(和/英) 降雨減衰 / Rain attenuation  
キーワード(3)(和/英) Ka帯 / Ka band  
キーワード(4)(和/英) Ku帯 / Ku band  
キーワード(5)(和/英) 相関時間 / Correlation time  
キーワード(6)(和/英) 降雨タイプ / Rain types  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前川 泰之 / Yasuyuki Maekawa / マエカワ ヤスユキ
第1著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Com. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-19 15:35:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2011-171 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.376 
ページ範囲 pp.141-146 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2012-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会