電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-19 13:00
PIアルゴリズムによるインバータノイズの低減
松岡健人藤元美俊堀 俊和福井大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年急速に普及しつつあるEV(電気自動車)やHV(ハイブリッドカー)には,電動モーターの動力を制御するPCU(Power Control Unit)が搭載されている.そのPCU内のインバータ回路から発生する電気的ノイズがAMラジオ放送に干渉し,音質を低下させることが問題となっている.
本報告では,PIアルゴリズムを用いたノイズ低減システムを提案する.提案システムはPCUに配置したノイズセンサを用いてインバータノイズのみを観測し,これとアンテナ出力との合成信号の電力が最小となるように適応フィルタの重み係数を制御するものである.検討の結果,インバータノイズ低減処理により,出力SINRが向上すること,および適切な重み係数を決定するには300回程度のスナップショットが必要であることがわかった. 
(英) PCU (Power Control Unit) are installed in EV (Electric Vehicle) and HV (Hybrid Vehicle). Problems of inverter noise from the PCU become serious as popularization of the EV and HV. Especially, quality of AM radio is deteriorated due to the electrical noise because the AM radio utilizes relatively low frequency.
In this paper, a noise reduction system using PI algorithm is proposed. In the proposed system, the inverter noise is observed by noise sensor which is mounted on PCU, and adaptive filter is controlled so as to minimize the power of output of the system which is sum of the received signal of antenna and filter output. By computer simulations, it is clarified that SINR is improved by the proposed system and around 300 snap shots are required to determine appropriate coefficients.
キーワード (和) PIアルゴリズム / インバータノイズ / タップ付遅延線 / / / / /  
(英) PI Algorithm / Inverter Noise / Tapped delay line / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 376, AP2011-164, pp. 103-106, 2012年1月.
資料番号 AP2011-164 
発行日 2012-01-11 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2012-01-18 - 2012-01-20 
開催地(和) 九州工業大学 
開催地(英) Kyushu Inst. of Tech. 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2012-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) PIアルゴリズムによるインバータノイズの低減 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Inverter Noise Suppression by PI Algorithm 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PIアルゴリズム / PI Algorithm  
キーワード(2)(和/英) インバータノイズ / Inverter Noise  
キーワード(3)(和/英) タップ付遅延線 / Tapped delay line  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松岡 健人 / Taketo Matsuoka / マツオカ タケト
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤元 美俊 / Mitoshi Fujimoto / フジモト ミトシ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. Fukui)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀 俊和 / Toshikazu Hori / ホリ トシカズ
第3著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. Fukui)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-19 13:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2011-164 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.376 
ページ範囲 pp.103-106 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2012-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会