電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-19 14:55
信号点再生中継における無給電素子を用いた伝送特性改善法の提案
木南耕介本間尚樹岩手大)・西森健太郎新潟大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) MIMO(Multiple-Input Multiple-Output)中継伝送により,高い周波数利用効率を維持したまま長距離伝送することが可能である.本報告では,中継機に無給電アンテナ素子を用い,その終端条件の制御により簡易な構成で伝送特性を改善する方法を提案する.チャネル利得とチャネル容量の累積確率分布から無給電素子による改善効果を示し,DNF(De-noise and Forward)中継方式における誤り率特性から提案法により伝送特性が改善されることを明らかにする. 
(英) MIMO(Multiple-Input Multiple-Output) relay transmission enables enhancing spectral efficiency even for long distance data transmission. In this paper, we propose performance improvement method with simple configuration using parasitic antennas in a relay nodes. We show the improvement effect in the cumulative distribution function of the channel capacity and channel gain. Also, we show the improvement effect in bit error rate characteristics for DNF(De-noise and Forward) relay scheme.
キーワード (和) MIMO / 中継伝送 / 無給電素子 / / / / /  
(英) MIMO / Relay transmission / Parasitic antenna / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 376, AP2011-169, pp. 131-134, 2012年1月.
資料番号 AP2011-169 
発行日 2012-01-11 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2012-01-18 - 2012-01-20 
開催地(和) 九州工業大学 
開催地(英) Kyushu Inst. of Tech. 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2012-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 信号点再生中継における無給電素子を用いた伝送特性改善法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of Performance Improvement Method in Denoise and Forward Relay Scheme Using Parasitic Antennas 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(2)(和/英) 中継伝送 / Relay transmission  
キーワード(3)(和/英) 無給電素子 / Parasitic antenna  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木南 耕介 / Kosuke Kinami / キナミ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 本間 尚樹 / Naoki Honma / ホンマ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西森 健太郎 / Kentaro Nishimori / ニシモリ ケンタロウ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-19 14:55:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2011-169 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.376 
ページ範囲 pp.131-134 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2012-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会