電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-19 14:00
カトリ・ラオ積拡張アレーを用いたDOA推定誤差と改善法に関する一検討
青柳岳泰山田寛喜山口芳雄新潟大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,カトリ・ラオ積拡張アレーを用いたDOA推定における推定誤差とその改善方法について検討する.今回扱うシニングアレーの一種であるTwo-Level Nested Array(2L-NA) では,カトリ・ラオ積を用いた拡張アレー処理を施してDOA推定を行うことで,同素子数のULA(Uniform Linear Array) に対してアレー自由度が向上するという利点がある.
現在,2L-NAを用いたDOA推定において,無相関波到来時における検討が行われているものの相関波到来時の検討は行われていない.本項では,相関波到来時の2L-NAを用いたカトリ・ラオ積拡張アレーにおける推定誤差の影響を明らかにし,推定精度の改善に関する検討を行う. 
(英) In this report, we have considered DOA estimation error of extended array by using Khatri-Rao product, and proposed an improvement method.
The extended array by using Khatri-Rao product can increase degree-of-freedom of array. However conventional studies only consider uncorrelated incident waves. In this report, we show the property of the array for number of snapshots, SNR, and signal correlation, and proposed an improved method including signal correlation effect by using EM-ML method.
キーワード (和) DOA推定 / カトリ・ラオ積 / Two-Level Nested Array / / / / /  
(英) DOA estimation / Khatri-Rao product / Two-Level Nested Array / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 376, AP2011-167, pp. 119-124, 2012年1月.
資料番号 AP2011-167 
発行日 2012-01-11 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2012-01-18 - 2012-01-20 
開催地(和) 九州工業大学 
開催地(英) Kyushu Inst. of Tech. 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2012-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カトリ・ラオ積拡張アレーを用いたDOA推定誤差と改善法に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on DOA Estimation Error of Extended Array by Khatri-Rao Product and Its Improvement Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DOA推定 / DOA estimation  
キーワード(2)(和/英) カトリ・ラオ積 / Khatri-Rao product  
キーワード(3)(和/英) Two-Level Nested Array / Two-Level Nested Array  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青柳 岳泰 / Takahiro Aoyagi / アオヤギ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 寛喜 / Hiroyoshi Yamada / ヤマダ ヒロヨシ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 芳雄 / Yoshio Yamaguchi / ヤマグチ ヨシオ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-19 14:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2011-167 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.376 
ページ範囲 pp.119-124 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2012-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会