電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-18 14:35
シーケンシャル配列を用いた非周期アレーアンテナの軸比特性
吉村亮佑牧野 滋別段信一廣田哲夫野口啓介伊東健治金沢工大)・佐竹孝宣三菱電機エンジニアリング)・渡辺 光三菱電機
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) フェーズドアレーアンテナのコスト削減とグレーティングローブレベル抑圧の方法として,2種類の直角三角形型サブアレーアンテナで構成された風車型アレーアンテナがある.このサブアレー内の素子アンテナは非周期配列で構成される.本研究では,サブアレー内の素子アンテナをシーケンシャルローテーションによる回転と励振を与えた配列にした場合の軸比特性について検討し,試作モデルにより妥当性を検証した. 
(英) A method to reduce the cost of a phased array antenna and to suppress grating lobes is an aperiodic array antenna using subarrays.
In the practical case where element antennas are aperiodically arranged on a subarray,
the circular polarization seems to be suitable because all the suarray can be constituted from the same form.
In this paper, the axis ratio characteristics of an aperiodic array antenna using sequentially rotated subarray technique was verified to be valid.
キーワード (和) アレーアンテナ / シーケンシャルローテーション / 非周期 / / / / /  
(英) Array antenna / Sequential rotation / Aperiodic array / Axial ratio / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 376, AP2011-155, pp. 53-57, 2012年1月.
資料番号 AP2011-155 
発行日 2012-01-11 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2012-01-18 - 2012-01-20 
開催地(和) 九州工業大学 
開催地(英) Kyushu Inst. of Tech. 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2012-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) シーケンシャル配列を用いた非周期アレーアンテナの軸比特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Axial Ratio Characteristics of an Aperiodic Array Antenna Using Sequentially Rotated Array Technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アレーアンテナ / Array antenna  
キーワード(2)(和/英) シーケンシャルローテーション / Sequential rotation  
キーワード(3)(和/英) 非周期 / Aperiodic array  
キーワード(4)(和/英) / Axial ratio  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉村 亮佑 / Ryousuke Yoshimura / ヨシムラ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧野 滋 / Shigeru Makino / マキノ シゲル
第2著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 別段 信一 / Shin-ichi Betsudan / ベツダン シンイチ
第3著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣田 哲夫 / Tetsuo Hirota / ヒロタ テツオ
第4著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa institute of Technology (略称: KIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 野口 啓介 / Keisuke Noguchi / ノグチ ケイスケ
第5著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa institute of Technology (略称: KIT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊東 健治 / Kenji Itoh / イトウ ケンジ
第6著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa institute of Technology (略称: KIT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐竹 孝宣 / Takanori Satake / サタケ タカノリ
第7著者 所属(和/英) 三菱電機エンジニアリング株式会社 (略称: 三菱電機エンジニアリング)
Mitsubishi Electric Engineering Corporation (略称: MEE)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 光 / Hikaru Watanabe / ワタナベ ヒカル
第8著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-18 14:35:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2011-155 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.376 
ページ範囲 pp.53-57 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2012-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会